2017年08月21日

(仮称)つくば警察署の新署舎が11月に着工の予定

学園の森3丁目50番の2に、(仮称)つくば警察署の新しい庁舎が建設に向かって動き出すことが判りました。

つくば中央警察署とつくば北警察署が統合され、新しい警察署が建てられる計画はすでに公表されており、用地の約2万㎡も確保済みでした。

その用地に今月初め、建物が建てられるための告知板「建築計画のお知らせ」が立ちました。

告知板によると、着工は年内で11月15日の予定になっています。工事の完了予定は、再来年2019年9月30日となっています。

再来年の秋には、つくば警察署の開署になるものと思われます。

茨城県警察本部のホームページにも、すでに仮称つくば警察署の庁舎概要が公開されています。

建物は、庁舎が5階建てで延べ面積5600㎡と、車庫1200㎡とが計画されています。

建設工事については、これから入札が行われ、建設業者が決定するものと見られます。

(仮称)つくば警察署 新庁舎の外観  完成予想図




警察署が建設される敷地の全景



敷地の境界にはフェンスが設けられた 



敷地付近から国土地理院をみる



敷地には「建築計画のお知らせ」看板が取り付けられた




西方から見た庁舎完成予想図



上空から見た敷地全体と完成予想図




庁舎正面1階のホールの完成予想図




庁舎1階 運転免許窓口の完成予想図




案内図



完成予想図は茨城県警察本部のHPより引用
  


Posted by 古城 温 at 22:26Comments(2)あたらしい建物

2017年05月28日

5月28日の記事

削除




  


Posted by 古城 温 at 13:32Comments(1)あたらしい建物

2017年04月15日

イーアスつくばに大型駐車場が新設される

研究学園のイーアスつくばに大型の駐車場ができることがわかりました。

建築計画のお知らせ看板によると、イーアスつくばの駐車場の北側の一画に、鉄骨造5階建ての駐車場専用の建物が計画されています。

建物の延べ面積は、約18,800㎡の規模になり、今年の7月に着工し、来年の1月に完成する予定です。

西武百貨店が閉店し、つくば中央への買い物客は大型の商業施設に分散していて、イーアスつくばにも客が増えている表れかもしれません。

イーアスつくばではイベントがある休日なぢは相当混雑していますので、その渋滞緩和に手を打ったものと見られます。

さて工事が着工しますと、その部分の駐車場が使用できず、その期間は駐車台数が減少しますので、隣地の空き地などを借りるのでしょうか?

  


Posted by 古城 温 at 19:35Comments(0)あたらしい建物

2017年03月31日

研究学園地区に腎・泌尿器の専門クリニックがオープン

研究学園地区(つくば市面野井)に、明日4月1日「おいかわ腎泌尿器クリニック」がオープンします。

当クリニックは腎と泌尿器の専門クリニックとなります。

場所は、葛城西線の面野井北交差点を左に南下し「山新グランステージつくば」の正面側に接した恵まれたところです。

最近は、前立腺や膀胱などの疾患が増えているようですので、患者としては身近にそのような専門クリニックがあるのは大変便利になり助かります。

おいかわ腎泌尿器クリニックの全景



及川院長は筑波大学で教官として、また筑波メディカルセンターの診療部長として泌尿器科に取り組まれてきました。

そのような豊富な経験をもとに、特に泌尿器がん(前立腺がん、膀胱がん等)や排尿トラブルの診療に力を入れるとのことでした。 また、筑波メディカルセンター病院や筑波大学附属病院とも連携して診療しますとのことです。

当クリニックでは最新の医療機器を揃え、看護師3名と総勢9名のスタッフで患者さんをお待ちしますとのことです。

及川院長は、「泌尿器科医としての専門性を活かし、親切・丁寧かつ迅速な診療をモットーに、男女を問わず、みなさまのお役に立てる診療を目指してまいります」と言っております。

及川院長  同院のHPより



内覧会は3月25日と26日にすでに終えていますが、オープン前日のお忙しい中を縫って丁寧にご説明いただきました。

なお、詳しいご案内は同院のホームページをご覧ください。

クリニックの受付


クリニックの待合室  広々とした落ち着いたインテリアになっています


案内図














  


Posted by 古城 温 at 19:24Comments(0)あたらしい建物

2017年01月24日

研究学園に二つのクリニックが4月に開業

研究学園地区に、この4月新たにクリニックが二つ開院します。

一つは、皮膚科の「すずらん皮膚科クリニック」です。
学園西大通に抜ける葛城北通り(線)沿いに面し、所在地は西平塚146-1となります。

クリニックの建物は既に完成済みですがサインや看板などはまだ未設です。 当院のホームページは既に立ち上がっていますので詳しいことそちらで知ることが出来ます。

開院日は4月3日(金)となります。その前の2日には内覧会を催す予定です。 

院長は石井亜希子ドクターで、皮膚の専門医で筑波総合クリニックなどで皮膚科医師として勤務されてきました。

石井ドクターは、27年度レーザー治療の研究で優秀発表賞受賞 しています。開院後は皮膚科のみではなく美容皮膚科の分野にも広げていくものと見られます。

建物が完成し4月の開院を待つばかりのクリニック まだサインなどは掲げられていません


真向かいには(仮称)すずらん薬局が建築中


附近の通路状況



二つ目は、山新グランステージに隣接し、葛城西通り(線)の面野井北交差点を折れたところに「おいかわ腎・泌尿器科クリニック」が、やはり4月に開院します。

所在地は、面野井1004-5となります。

クリニック用の建物は昨年秋から建築中で、こちらには開院を知らせる看板が敷地内に立ててあり目をひきます。

院長は、及川剛宏ドクターで、現在ほかの病院に勤務されていますので独立してクリニックを開くものと思われます。4月に開業とのことですが詳細はまだ公開されていません。

建築中のおいかわ腎・泌尿器科クリニックの建物


隣接地に建築中のHEART薬局


前の通りの様子



研究学園地区には、昨年学園の森2丁目に、小児科と内科が夫々開院されています。今年も新たに2院が開院し既存のクリニックとあわせるとかなり充実した医療地区になると思われます。

さらに循環器系や整形外科や産婦人科などのクリニックが出来ることが望まれます。 

研究学園地区は町内に消防署があって、筑波大学病院、筑波メディカルセンター病院、筑波記念病院と大きな病院の3院がいずれも10分以内には到着可能で緊急性にも安心できます。

案内図略



  


Posted by 古城 温 at 15:38Comments(0)あたらしい建物

2016年10月14日

研究学園に筑波銀行つくば副都心支店が新設移転

新都市中央通のつくば市市役所前交差点の角地に建設中だった筑波銀行筑波副都心支店の建物が完成しました。

開業は、10月16日(日)がプレオープンで10月24日(月)から正式オープンです。

筑波銀行つくば副都心支店は、平成20年10月に大型商業施設「イーアスつくば」内に開設して以来、通常の銀行窓口業務とすまいるプラザ(住宅ローン等各種ローンのご相談)を併せ持つ形態の店舗として営業してきました。

研究学園地区における住宅開発や道路整備等の環境の変化と、顧客のニーズの変化に合わせ、さらなる店舗機能を充実させるために、近隣地に、広い土地を購入し支店の建設を進めてきました。

新たに生まれ変わるつくば副都心支店は、同行の新しい店舗スタイルのモデル店舗として、地域の顧客により質の高い金融サービスを提供するとの事です。

建物は2階建てで計300坪余りの広さです。

建物の外観は、ガラス面の多用しアルミ素材の千鳥格子ルーバー採用による斬新なデザインと建物高を高めに設計し、地元の筑波山のような存在感を表現したそうです。

内観は、外観に合わせてガラス面を多用し開放的な空間を表現する一方、一部のガラスをプロジェクターと組み合わせ、スクリーン(デジタルサイネージ)として活用しています。

ヒトにやさしい空間をめざし、リラクゼーション効果の高い香りを発生させるとともに2階の壁・天井材の一部に珪藻土を使用しています。

1階はお客さまへのきめ細かな応対をご提供するために、コンシェルジュを配置しています。

顧客のプライバシーに配慮し、個別相談ブースを含め、全席ローカウンターとし、ゆっくりとご相談できるコーナーを設けています。

子供用のキッズスペース、人型ロボット「Pepper」、電子記帳台、ATMコーナー、全自動貸金庫室をご用意しています。

特徴は2階に、顧客とのコミュニケーションの場として活用できるスペースや、地域の方々の交流の場として活用することのできる「セミナールーム」を3室用意されています。

駐車スペースは広く75台分確保されています。

市役所前交差点の対面から見た外観


コンビ二側から見た正面入り口のある外観


駐車場もかなり広く確保されています


案内図








  


Posted by 古城 温 at 13:30Comments(0)あたらしい建物

2016年07月14日

研究学園のC45街区に大型学習塾の建設が始まった

研究学園の開発は猛烈な勢いで進んでいます。

特に学園の森地区では、クレーンや大型の建設機械がフルに動いています。この地域をと通るたんびになんだか自分の心も躍るような気がします。

そんななか、いよいよC45街区の業務用の一画の施設が着工されました。 建物は大型の学習塾です。

集合する施設には、必ずと言っていいほど学習塾が入居しています。 こちらの建物は学習塾としては大型です。隣接には、小中学校が平成30年4月に開校します。

この小中校の門前塾として、学校帰りの児童生徒をごっそり受け入れようとする計画なのでしょうか? 工事中の塾は鉄骨造の2階建てで延べ面積1000㎡ほどの建物です。 完成時期は9月末なので10月には開校できると思われます。

教育日本一を目指すつくば市に、学習塾が数多いのも研究学園の特徴かもしれません。

C45街区は大和ハウスの一体開発事業で、宅地造成中の真っ最中です。この学習塾は業務用区画の一部で、地元の不動産事業者が大和ハウスから購入し、建物を建て学習塾に賃貸する収益用ビルになるのでしょう。

隣接には保育園も計画されています。ほかに物販やスポーツクラブも計画されています。戸建て街区は、すでに住宅の販売がスタートしています。

C44街区は、基本の道路付けが終了し、屋根つきの通学の専用道路も完成しました。こちらは、まだURの保留地ですが、一括で新興の中堅デベロッパーX社が購入する噂があります。

学習塾の基礎工事が始まりました


こちらの工事も大和ハウスですね・・・一体事業だから当然でしょう  研究学園に大和ハウスの看板が切れることはない 学園南1丁目のヤマシンの手前のマンションも工事していましたね (看板のC53街区が正しい街区名)


C45街区の屋根付き通学専用道路の工事中  屋根はC44街区から連続してします


C45街区の開発行為お知らせ看板 この行為地区で戸建て住宅が159戸予定されていることがわかります



案内図





  


Posted by 古城 温 at 13:53Comments(3)あたらしい建物

2016年06月17日

研究学園駅前商店街に新しいビルが建つ

研究学園の駅前の商店街に5階建ての店舗つき賃貸マンションが計画されていることが判りました。
場所は、研究学園5丁目15番地の一画で、トヨタネッツの裏の通り(愛称で呼べる通りの名が欲しいですね)です。

建築計画看板によりますと、面積296平方メートルの敷地に、賃貸マンションが主要目的のビルですが1階は店舗になる計画です。

7月末に建築工事に着手し12月末には完成の予定となっています。

研究学園は人口が急激に増えていますが、事務所や店舗などの事業所に、またその事業所を尋ねてこられる人々と店などへの買い物客などの、いわゆる昼間人口も急激に増えています。

その辺りを見通しての賃貸マンションの建設なのでしょうか?空き地のままよりも綺麗な建物が建ち、通りが賑やかになれば、またそれもいいことですね。

夕方になって、あらためてこの辺りを歩いてみると、飲食店の多さにびっくりします。この通りには惣吉や東京パル、赤がら、がぶり亭や和っ牛などの居酒屋が多くあり居酒屋通りともなっています。

この建物も一階には、居酒屋さんが入るのかな?



建築計画看板





  


Posted by 古城 温 at 13:42Comments(0)あたらしい建物

2016年04月20日

研究学園に開業する「学園の森キッズクリニック」の概要です

研究学園 学園の森2丁目に小児科専門のクリニック『学園の森キッズクリニック』が5月10日にオープンします。
「研究学園の生活」でも紹介されていました。

場所はコストコの北側です。院長は黒澤信行先生で、東京生まれの金沢大学医学科を卒業された小児科専門医です。

黒澤院長は、東京医科歯科大学などを勤務され平成12年に土浦協同病院に小児科医として長く勤務されました。

研究学園地区の学園の森に開業することについて、「土浦協同病院勤務で知ったこの地域への親しみ易さと、子育てと教育に熱心な地域であること、そして小児医療の充足できる施設が整えられる環境があったこと」と言っていました。

クリニックの建物は、専門の設計家にお願いし何度も計画を練り直しながらようやく出来上ったそうです。
外観は白を基調としたモダンなデザインです。

内部は木をふんだんに使いやわらかいイメージがします。患者が子供なので、椅子やドアなどに曲線を使って子供には、楽しいトコロとして恐怖心を取り除いたインテリアが特徴だそうです。そのほかにドアに手が挟まれないようにとか、さまざまな子供に優しい工夫が施されているそうです。

待合室は天井が高く、大きなガラス窓が設けられ学園広場公園が借景になり開放感が更に広がります。

受付は広くとってあり、ホテルの受付のような雰囲気に似た感じでした。  スタッフは看護士が3名の受付・事務が4名の計7名です。
今日は開業に向かっての準備で忙しそうでした。

黒澤院長は、テレビの医療ドラマに出てきそうなイケメンドクターです。 
御歳を聞きましたが、歳より大変若く感じます。まだ院内は見せられる状態ではないのですがと言いながら、特別に案内してくれるなど大変優しい先生です。

どのようなクリニックにするのかと聞いてみました。
「お子様をお持ちのお母様やご家族が気軽に相談できるやさしいクリニックにしていきたい」と言っていました。

オープンに先立ち内覧会が5月7日(土)8日(日)に開催されるとのことです。お子さんをお持ちの方は、この機会にご覧ください。

学園の森キッズクリニック ホームページhttp://wrs.search.yahoo.co.jp/FOR=hItAvtVV3ijUKiYaAFdJMeXCd6VwYFoHLlpmreRlAUTSelRDdQWhkkJr6nAy525MGzBUpOusQGvqV1fLZE88j5.RiYMII4tiqeqQQpAyGY0oOyarTfEGqq_phByWSiGYLPnt5YA3pS3uJi61gkfYFBee03bbNfp40RUVQMkD8P_yU6HKZgIyYW8VRalg.lJlf8J65CTt1A--/_ylt=A2RAyhakJBhXf3UAhnuDTwx.;_ylu=X3oDMTEyMWNpcmljBHBvcwMxBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAwMDg-/SIG=11a3hc2pe/EXP=1461300836/**http%3A//gakuenkids.com/

同クリニックのホームページは、TXの電車が動いています。つくばなのでロケットも噴射して発射します。お試しください。

クリニックサインプレート


外観


受付


受付から待合室へ


待合室  まだ待合のソファは工事中でした


待合室の大きなガラス窓


黒澤院長です  お願いして撮らせてもらいました


案内図



  


Posted by 古城 温 at 20:55Comments(0)あたらしい建物

2016年04月12日

研究学園に食育の学校法人「わかば学園」が進出

研究学園の学園の森3丁目3の空き地に桜川市真壁町の学校法人「わかば学園」が施設をつくるための整地をはじめました。

学校法人「わかば学園」はひなの里幼稚園を運営しています。 研究学園のこちらには簡単な事務所を造るとのことででした。

保育施設になるのか幼稚園になるのかはわかりません。 道路を挟んで真ん前にはイーアスつくばがあります。 イーアスつくばには従業員のための保育施設がありましたが、今もあるのでしょうか?

研究学園は昼間人口も増えています。イーアスつくばをはじめ、ぞくぞく開業する商業施設や企業の従業員のための保育施設としても考えられますね。

研究学園には先日どろんこ保育園が誕生したばかりです。またC45街区には保育園施設の建築計画看板も建っています。

研究学園の今後を考えると住宅集積が進み、子育て環境を整えるのは大事なことですね。




案内図





。  


Posted by 古城 温 at 20:39Comments(0)あたらしい建物