2015年11月09日

研究学園のコミュニティカフェがホーム音楽会を開催した

10月27日 研究学園駅前のマンションパークハウスサクラのラウンジで『フォルクローレを楽しむ会』としてホームコンサートが催されました。

つくば市内のフォクローレのメンバー「コン・エル・ビント」の演奏です。

この会は、コミュニティカフェ『サロンゆうゆう』(研究学園駅前のレーベンつくば研究学園1階で開催)が主催し、研究学園の高齢者やパークマンションの住民の方など47名が来場しました。

「フォルクローレ」 は、ラテンアメリカの民族音楽を元にしたポピュラーソングです。
南米の国や地方によって多少の演奏の違いはあるようですが、ラテン系とスペイン系の音楽がミックスされているのが特徴です。

当日は、エル・コンドル・パソや花祭りなど十数曲の演奏がありました。来場者の皆が楽しそうに耳を傾けていました。

なお、「サロンゆうゆう」では、毎月第 1月曜日 第2火曜日 第3月曜日 第4火曜日をコミュニティカフェの開催日としています。
11月2日は、メンバーのギター弾き語りをはじめ、カラオケを楽しみました。

皆でおしゃべりできるのが楽しそうです。

健康講話として「自律神経と睡眠(寝付かれな人のために)」を主宰者の室生先生がお話しされました。
ほかに、健康や医療もご相談くださいとのことでした。


演奏会の模様


コン・エル・ビントの皆さん









  


Posted by 古城 温 at 12:50Comments(0)地域交流

2015年09月11日

研究学園にコミュニティサロン「サロンゆうゆう」がスタート

研究学園駅前のマンションの1階にシニアの方々を対象とした、コミュニティサロン「サロンゆうゆう」がスタートしました。

「サロンゆうゆう」は、新しい街の研究学園に、他市他県から転居してきた高齢者の健康向上を目的としていますが、高齢者が孤立することないように街の人たちと交遊ができる場所にもしています。

サロンは、駅前のマンションレーベン研究学園の1階林技術事務所(通称;ハヤシサロン)に設け、毎月3回開催しています。

主宰者は、研究学園在住の元開業医で地域医療の第一人者の室生勝先生です。医院を閉鎖した後も高齢者のための講演や相談など精力的に活動されています。
室生先生は、高齢者が孤立すれば認知機能及び運動機能が低下するおそれがあるため、その予防のために尽力したいとのことでサロンを立ち上げた言っていました。

サロンでは、そのために健康管理や介護予防、在宅ケアなど、終末期医療、平穏死等の学習を行います。
また、認知機能の低下予防のために、参加者の健康法や、自分史、特技、そして趣味や関心事などを参加者に語ってもらったりもします。

そのほかに、体を動かしたり、音楽を聴いたり、外出支援(買い物、散歩等)等を行う専門職による健康・介護相談なども受けられるようにしたいとも言っています。

毎月 第1月曜日、第2火曜日、第4火曜日 の午後1時30分から4時まで開催しています。
場所は、研究学園駅南側のマンションレーベン研究学園1階 林技術事務所です。

費用は1回200円とのことでした。

お問い合わせ・ご連絡は  室生勝 先生 E/mail monnroo@orchid.plala.or.jp まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月8日(火) サロンゆうゆうのメニュー 

①話題:高齢者の検査データーをどう読むか 室生勝先生
健診や一般診療での血液検査結果を、多くの医師は成人の基準値で説明しています。変じゃないですか。高齢者の基準値はあるのか?

②マッサージ実演と健康講話:小池栄治先生((鍼灸マッサージ師・つくば草の根はりきゅう院)

スタートのひととき 通常は15名程度とのことですが、当日は雨のため女性陣の参加者が少なかったようです



サロンゆうゆうの場所








  


Posted by 古城 温 at 15:34Comments(0)地域交流

2015年08月16日

研究学園駅前公園で町内会の催しで流しそうめん

今日まで夏休みというサラリーマンの方は少なくないと思います。

雲が多く例年に無く蒸し暑い8月のど真ん中の日曜日に、研究学園駅前公園の古民家では、近くのマンションの区会が主催する流しそうめんの催しがありました。

午前11時ごろから始まった流しそうめんには、マンションの住民が30名ぐらい集まっていました。

今回の催しの参加者は100名を超す予定だそうです。

流しそうめんは5メートルぐらい竹を二つに割って樋にして、三方から渡し上からそうめんを流す仕組みです。

参加者のほとんどが子供連れで、流れてきたそうめんを箸で掬い、親子で楽しそうに・・・・おいしそうに食べていました。


研究学園の駅前には、大手の不動産会社が分譲した500戸ほどの大型のマンションがあります。

完成してから7年ぐらい経っているのですが、この春にようやく区会ができたようです。

もともと、マンションでは所有者が管理組合を設立し、マンションの管理と住民コミュニケーションを担っているのですが、住民コミュニケーションはなかなか活発にならないといっています。

このマンションでは、餅つき大会や音楽会など、住民のためのイベントは積極的のようです。


区会は、つくば市の公認の町内会で市に登録すると、市から補助金が出ます。

研究学園には12か13の区会がありますが、区会に登録していない町内もかなりあると聞いています。

区会に未加入の町内の方も、区会の加入には賛成だと思えるのですが、声を出して纏める方がなかなか現れないのが現実でしょうか?

新しい街研究学園地区は、まだまだインフラが未整備です。市当局にお願いしたい事柄も幾つかあるかもしれません。

市への陳情は、個人よりも区会などを通した方が受け入れ易さはありますでしょう。

今後は、区会同士が繋がって町内の地位を高めることも必要かもしれません。研究学園の発展は区会の発展に関わるのかもしれませんね。

流しそうめんの様子


丁度流れてきました   上手く掬えるかな?


イベントの裏方はいつも大変です 世話人で仕掛け人のIさんも捻りはちまきで頑張っています


流しの竹はこんなに長いのです






  


Posted by 古城 温 at 14:40Comments(0)地域交流

2015年07月15日

7月15日の記事

削除


  


Posted by 古城 温 at 19:20Comments(0)地域交流

2015年07月14日

7月14日の記事

削除




  


Posted by 古城 温 at 20:50Comments(0)地域交流

2014年11月24日

研究学園駅前イルミネーションは準備完了

研究学園駅前のイルミネーションは、先週土曜日から準備に取り掛かり日曜を挟んで今日も残りの作業を行っている。 24日に一部を除きはほぼ完了する見込みで、夕方にはテスト点灯をしてみた。前回よりかなりセンスアップした感じだ。

研究学園駅前のイルミネーションは、TXが開通した2005年からスタートし、今年で10回目である。

研究学園駅前のイルミネーションは、研究学園地区の住民が準備から飾り付けまで行う、いわゆる手作りのイルミネーションが特徴だ。
「自分たちでできることを自分たちの手作りで」を合い言葉に、住民の交流の場を作るとともに,駅前を明るく照らすことによる犯罪の防止が目的という。

22日と24日の準備作業には、周辺の住民40名ほどが集まり汗を流した。22日には市役所からTX・まちづくり推進課の担当職員も手伝いに来てくれた。午後には市原つくば市長も準備作業の激励に駆けつけてくれた。

今年から、研究学園まちづくりのボランティアグループ「グリーンネックレス」と研究学園の交遊クラブ「木遊会」、そして「つくば学院大学」の学生グループが実行委員会に加わり作品を展示することになった。

既につくば市の広報から点灯式の案内はされているが、29日(土)午後1時から点灯式のイベントを行う。 

前回のイルミネーション



TX研究学園駅改札からアーチイルミネーションへ



ホテルベストランドの前  樹木はこのためにもみの木に替えた  午前10時のティータイムの休憩



つくば学院大学学生もイルミネーションに参加し製作中だ



グリーンネックレスのメンバーも参加   植栽とイルミネーションの融合である



木遊会の作品は宇宙遊泳がテーマだ


 
















  


Posted by 古城 温 at 16:10Comments(0)地域交流

2014年11月11日

研究学園駅前イルミネーション2015年

研究学園駅前は、毎年寒い時期になるとイルミネーションが点灯される。今年もいよいよイルミネーションの時期だ。

つくば市では、つくば駅からつくばみらい駅までの4駅前でイルミネーションが点灯される。

つくば駅は、街路樹にイルミネーションを撒きつける。飾り付けを専門業者に依頼するので綺麗で壮観だ。4駅の中でも一番費用を掛けている。一方研究学園は、研究学園駅前イルミネーション実行委員会の主催だが、住民参加のいわゆる住民の手づくりのイルミネーションである。

今年から、学生や一般の住民が飾り付けに参加しすることになった。

イルミネーションの期間は、11月29日から2月28日までの三ヶ月間だ。 11月29日には、華々しく点灯式を行う予定のようだ。当日は、は、いろいろな催し物も計画中とのことで、点灯式には住民の参加も呼びかけるとのこと。

なお、飾りつけは11月22日(土)とのこと。

さて、どのようなイルミネーションになるのか、今から楽しみにしたい。
  


Posted by 古城 温 at 21:47Comments(0)地域交流

2014年11月11日