2018年01月18日

筑波大学のアリーナ、商業施設、学生宿舎は産学共同で

筑波大学は産学共同で、3施設が計画されています。

筑波大学アリーナ

1月16日の新聞(茨城版)に「筑波大アリーナつくば駅北側に」の見出しで、筑波大学がスポーツやコンサートイベントなどが開けるアリーナを建設すると発表したとあります。

昨年6月ごろから取りざたされていましたが、秋に正式に発表され「研究学園の生活」のブログでも公開されていました。

新聞によれば、場所はエキスポセンターおよびつくば中央図書館の東側の、吾妻2丁目筑波大学職員宿舎の敷地3万3千㎡に、7~8千人収容のアリーナの計画です。

施設の建設、管理、運営については、公募により選定された民間事業者が設立する特定目的会社(SPC)が担当するとし、 筑波大学は必要な用地を提供するだけになります。

今年の夏には、アリーナの建物建設とその運営会社を公募するとしています。2020年までには完成を目指すといいます。


建設計画の予定地 吾妻2丁目 職員宿舎




建設計画の予定地





キャンパス内に複合商業施設

昨年の夏には筑波大学キャンパス内にスーパーマーケットなどの複合の商業施設を建設することも発表になっています。

キャンパス内の宿舎に住む学生向けだが、周辺住民にも利用ができ、地域のにぎわい創出に一役買うことも目的にしているといいます。

全国でも大学敷地内でコンビニエンスストアの例はあるが、複合的な商業施設の設置は全国でも珍しいという。


 900~1200㎡の面積の生鮮食品や総菜などを販売するスーパーと、500㎡の面積のカフェや飲食店、物品販売店などの複数の店舗になる模様です。

こちらも建設用地は貸すだけで、公募で選ばれた民間事業者が店舗の建設や運営をする事業方式となり、今年の秋のオープンさせる予定といいます。

建設予定と思われる敷地




直ぐ近くは総合研究棟D 




筑波大学グローバル・ビレッジ・コミュニティステーション

筑波大学のキャンパス内に、留学生と日本人学生のシェアハウス型の学生宿舎「グローバルヴィレッジ」が昨年4月から運用を開始されています。

昨年の4月から310室の運用がはじまり、今年の4月には更に190室が増設されます。交流の場として多彩な機能を備えた「コミュニティステーション」を併設しているのが特徴です。

 当宿舎は、PFI事業(公共施設等の設計、 建設、維持管理及び運営に、民間の資金とノウハウを活用し、公共サービスの提供を 民間主導で行うことで、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図るを採用し、大和ハウスグループが事業の運営を行っています。

コミュニティステーション




宿舎





筑波大学の産学共同は研究開発にとどまらず、施設建設についても民間のノウハウを上手く活用しているのがよくわかります。 日本一広いキャンパスをもつ筑波大学ならではのことかもしれません。

  


Posted by 古城 温 at 20:30Comments(1)研究学園の話題

2018年01月11日

NHKテレビあさイチで「並木中等教育学校」が全国に紹介された

1月10日NHKテレビ「あさイチ」(=朝の情報番組)で茨城県立並木中等教育学校が紹介されました。

番組の内容は、子どもの授業が激変!2018教育改革最前線のタイトルで、いま、学校の授業が大きく変わろうとしていることを紹介した番組です。

その中で並木中等教育学校では、すでに全面的に取り組んでいる様子が取り上げられ紹介されていました。

知らないことはスマホで検索すれば何でも教えてくれる時代に、知識を学ぶだけでなく、「知識をつかう力」を育てようと、いま国を挙げた教育改革が始まろうとしているといいます。

文科省は本格的な導入を2020年からとしていますが、それを見越してすでに全国の学校で「改革」が進行中です。

「先生の話を座って聞く」という親の世代が慣れ親しんだスタイルは過去のものだと言います。番組では、並木中等教育学校の学校現場を取材して、教育改革の最前線として紹介されました。


司会のイノッチと有働アナ 以下写真はNHKテレビより



並木中等教育学校 中島学校長






同校の国語教諭のS先生の授業を紹介していました



なお昨10日にアップした際に、学校名をつくば市立桜並木学園並木中学校としましたが「茨城県立並木中等教育学校」と取り違いましたのでお詫びして訂正します。

  


Posted by 古城 温 at 09:14Comments(3)研究学園の話題

2018年01月09日

旧帝国ホテルを彷彿させるホテルグランド東雲

昨年の夏の終わりに、どうしても見たい建物があり愛知県犬山市の郊外の博物館「明治村」に行ってきました。

そのひとつに「旧帝国ホテル」がありました。 1923年に建築され、1967年に取り壊しとなった旧帝国ホテル本館です。

その正面玄関部分が、明治村に移築されているのです。

建築設計は、アメリカの建築界の巨匠  フランクロイドライト  建築を知らない人でも知っている建築家の名前です。




内部の装飾は、大谷石とタイルと幾何学模様の透かしタイルが素晴らしく、その透かしタイルから漏れる光の具合が妙に室内を美しく見せてくれます。

旧帝国ホテルのロビー     建築に素人なので説明はできませんが、手が込んでいる建物です



旧帝国ホテルのロビー  真正面から



幾何学模様から漏れる明かりが素晴らしい




旧帝国ホテルと同じようなインテリアを、昨年暮れにホテルグランド東雲でみてしまいました。 
同ホテルには何度か伺っているのに、全く気が付かなかったのです。

そこでホテルグランド東雲のインテリアを取り上げてみました

ホテルグランド東雲の1階宴会場のロビー




ホテルグランド東雲のレストランの奥の宴会場ロビーから宴会場は、まさしく旧帝国ホテルのデザインと思うほどでした。
40年前に建てられたというホテルグランド東雲は丁寧に作られ、かなりの費用もかけたものと思われます。つくばに、このような優美な伝統文化を取り入れた贅沢な空間があるとは思いませんでした。




宴会場ロビーの柱  旧帝国ホテルと同じような幾何学模様の透かしタイルから淡い明かりが漏れてきます



旧帝国ホテルと異なるところは石が大谷石ではないということでした



宴会場入り口エレベータ乗り場  



階段室



2階 結婚式宴会場  厳かで重厚な感じがします  最近のホテルにはない贅沢な空間です









  


Posted by 古城 温 at 14:55Comments(0)研究学園の話題

2017年11月28日

天皇皇后両陛下がつくばに御成りになられました

天皇皇后両陛下は28日、国賓として来日中のルクセンブルクのアンリ大公と長女のアレクサンドラ王女と共に、つくば市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターを視察するため、お召列車の特別列車で土浦駅に降り立ちました。

途中土浦市役所を訪問し、地元の小学生らから合唱や太鼓演奏の歓迎を受けたました。 土浦市役所からJAXAまではお車でこられたようです、
筑波宇宙センターでは、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還カプセルなどを見て回るほか、宇宙飛行士の若田光一さんの案内で、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の模型にもお入りになられました。(NHKニュース いば6より引用)

以下NHKニュースいば6の画面から引用 



お召列車内で両陛下とアンリ大公とアレクサンドラ王女



JAXAで若田光一さんがご案内手前にアンリ大公とアレクサンドラ王女



ご説明に耳を傾けるアンリ大公、アレクサンドラ王女、天皇皇后両陛下



宇宙ステーション実験棟の模型を見学



  


Posted by 古城 温 at 19:33Comments(0)研究学園の話題

2017年11月25日

上げたり下げたりつくばエクスプレスのあれこれ・・・

”つくばエクスプレス南流山駅で14日、下りの普通列車が定刻9時44分40秒よりも20秒早い9時44分20秒に発車してしまったそうだ。
これに関するつくばエクスプレスの発表・謝罪が海外のメディアでも話題になっている”

テレビのワイドショーなどで取り上げられ話題になっていました。つくばチャンネルブログでも「研究学園の生活」が紹介していました。

それより少し前の11/8(水) 14:00配信のヤフーニュースに『つくばエクスプレスで「トラブル・不祥事多発」一体なぜ⁉』と題し、現代ビジネス(講談社のWebサイト)の記事が掲載されていました。 かなり具体的に書かれていて、読まれた方も大勢いると思うので内容は省略します。

今日、そのつくばエキスプレス研究学園駅前で、『研究学園駅前イルミネーション2017』がスタートしました。午後3時過ぎから点灯式のイベントがあり、2月23日まで点灯するそうです。

点灯式には出かけませんでしたが、午後5時ごろ散歩がてら駅前イルミネーションを眺めきました。 カメラを使いこなせず、いい写真が撮れないのが不満。

欅の下から駅を見る


改札口を出ると・・・


ホテルベストランド前からみる





今日の一句  イルミ見に去年と違う相手連れ


  


Posted by 古城 温 at 19:41Comments(0)研究学園の話題

2017年11月22日

農協まつりも面白い

都市化が進み、ちょっと都会で、少し田舎の研究学園。

ちょっと足を延ばせば大都会にたどりつけるし、散歩コースは畑や田んぼ、そんな風景が好きで研究学園に住み着いた人たちが大勢います。

18,19日の日曜日、JAやたべの本部で、農業まつり「秋のふれあい収穫祭」が開催されると聞き、19日に覗いてきました。晴天ですが風が冷たい日曜日です。研究学園から御幸ガ丘を抜けて一本道を10分で谷田部のJAやたべに着きます。

JAやたべの中庭が、収穫祭の会場です。10時半時点で会場は満員です。




収穫祭は、春(初夏)と秋(晩秋)の年2回行われるようで、田植えが終わって農閑期に入ったころと稲刈りが終わり一段落したころの農家の楽しみな催しもののようです。 餅つきの様子・・・つきたてのお餅は美味しいのですが食べれませんでした。




やたべ農協婦人部の皆さんの手作りの食べ物が売っています。



やたべ農協青年部は焼き鳥の販売です。




特産の売り場には長い行列もできました。




収穫祭にちなみ、農業に関した機器も販売されています。



トラクターや耕運機も並べらられています。当然販売用です。




こちらは抽選会場と景品のお渡し所   景品は来場者が景品引換券を持参すればだれでももらえます。



そしてイベントです
アイドルグループもやってまいりました。冷たい風の中ご苦労様です。こちらは筑波颪が有名で、日本4大颪の一つですから。




地元つくば出身のプロ歌手だそうです。 自分の歌を歌っていましたが、会場の誰でも知っている曲や歌の方が受けるような気がしました。




駐車場の柿  青い空に鮮やかな柿の実が、思わず写真に収めてしまいました。




今日の一句 アイドルを杖に顎乗せ見る至福




  


Posted by 古城 温 at 10:50Comments(0)研究学園の話題

2017年07月24日

フジテレビ「とくだね」つくば市のラジオ体操騒動を取り上げる

暑い夏は、家でゆっくりテレビを見たり、本を読んだりの家籠もりにかぎります。

今日、明日は、注目の加計問題の国会審議をNHKが中継しました。

民放はワイドショー(情報番組と言っていますが・・・・)が華やかで、加計問題も連日かなり時間をかけて放送しています。そんな中、フジテレビ朝のワイドショー「とくだね」でつくば市の問題を取り上げていました。

タイトルは「あなたはどう思いますか? 賛否両論…「ラジオ体操」は騒音?

つくば市のある地区の住民が、「朝のラジオ体操の音楽や話し声がうるさい もっと睡眠をとりたいので他の場所で行うように・・・・」としてつくば市役所に相談を申し入れたという。

朝のラジオ体操は、地域の住民の健康づくりと、コミュニティづくりに大変役立っているのですが、ラジオから流れるラジオ体操の音楽や住民の話し声が騒音で迷惑だという訴えのようでした。

週末の2日間、現地でフジテレビが密着取材した模様をラジオ体操の専門家を招き賛否両論を交え数分間放送されていました。 筆者も途中から見たもので詳しくは解説できませんので、オンエアされたことだけにとどめます。

フジテレビ 情報番組「とくダネ」より









  


Posted by 古城 温 at 21:12Comments(0)研究学園の話題

2017年06月26日

研究学園の住宅地 坪53万9千円で売りにでる

研究学園4丁目14街区の宅地が売りに出されました。

宅地の売却は数多くありますが、坪当たり単価が53万9千円となります。 研究学園の住宅地が、坪50万に突入する時代になったのかとの思いで取り上げてみました。 

研究学園駅から徒歩13分、閑静な住宅街の一画で南西の角地です。土地の広さは、周辺住宅地と比べ一まわり大きく86坪ほどあります。

近くには、いしだたみ公園があり、日本の住宅メーカートップ企業の積水ハウスと大和ハウスが開発した新都の街に隣接しています。

新都の街は、外回りの垣根が刈り込まれ、植栽がよく手入れされている雰囲気の良い住宅地ですが、こちらの街区も宅地が大きい分豪華な建物が多く見られ一段上の住宅地となっています。

宅地の価格は4,650万円となり、周辺の建売住宅(大和ハウスやグランディハウス)とほぼ同額となります。この単価は、ほぼ倍の価格となるのではないでしょうか。

不動産仲介として売りに出されたので、仲介を担当する桂不動産の営業力に期待するところです。

桂不動産株式会社は、研究学園7丁目に本社をもち、つくば市を中心に茨城県南で13店舗を展開している中堅の不動産会社です。

最近は、学園の森地区で活発なテナント誘致などの事業展開をしております。

駅まで10分余で歩ける距離、東京通勤も十分可能・・・・立川、八王子や町田、相模原、藤沢、鎌倉と比べても東京への通勤時間は引けをとらないのが研究学園です。

売りになった宅地



宅地の全体図  桂不動産のHPより引用



西側道路からは市役所が見えます 市役所の市長室の真正面に当たります



いしだたみ公園


なお、当不動産物件のブログ掲載には桂不動産から了承をいただいています。








  


Posted by 古城 温 at 15:32Comments(0)研究学園の話題

2017年05月30日

葛城北部学園に児童クラブの建設が始まる

つくば市学園の森で、葛城北部学園の校舎が来春の開校に合わせ建築工事中です。

その横の空き用地に、市営の児童クラブが建設されることになりました。先週の初めから、整地工事に着手しましたので、当ブログは早速調査をしてきました。

名称は、葛城北部学園児童クラブといい、関東建設工業が校舎建設に引き続き工事を請け負います。

敷地は2187㎡余あり、こちらに木造二階建てで延べ面積約450㎡の建物が建ちます。着工は6月1日で竣工は来年2月9日になっています。来春の学校の開校に合わせ開所するものと思われます。

児童クラブとは、つくば市のHPによりますと、保護者の就労などにより,昼間,保護者が家庭にいない児童(小学生)を対象に,放課後,児童館や専用施設などにおいて,遊びや生活の場を提供します。・・・とありました。

つくば市には市が直接運営している児童クラブが17か所あります。ほかに公設民営と民設民営の児童クラブが数か所設けられています。
最近はどの家庭も共働きが普通になり、放課後に子供たちが安心して生活できる施設が誕生することは、親にとっては大変心強いことになります。

1 葛城北部学園児童クラブ建設場所 いま整地工事の最中で重機2台が忙しそう






児童クラブ建設地の周辺は、小規模な開発も相次いで工事に着手しています。  これらは昨年売り出したURの保留地でした。




2の敷地に建つ店舗は、ただいま基礎工事中でこちらも数区画の連続店舗となる予定。



3の敷地は、1階がテナント店舗で2階が居住用の建物。こちらも基礎工事中



4の敷地は、ただ今ボーリング(敷地の地盤調査)中で、敷地の奥の方での調査だから建物は奥の方で、手前は駐車場と考えられる。
この状況ではまだ建物の用途はわからないが、夏が終われば建設が始まるかもしれない。 場所は茨進のすぐ前になる。



5の敷地の連続店舗  朝日プラザ学園の森という名称の賃貸店舗で、すでに建物は完成しています。ただいまテナント募集中で、条件については不動産賃貸のホームページを見ればよく判ります。それを見ると、西葛城通り(線)の賃貸店舗の相場は、1万円前後だということが判りました。




  


Posted by 古城 温 at 13:43Comments(0)研究学園の話題

2017年05月19日

JARIに期間限定で仮設の大型駐車場

市役所の入り口前の通りは、西大橋葛城通り(線)で南に向かうと右にJARIの研究所、左におなじくJARIの未利用地がみえます。

そのまま真っすぐ進めば西部工業団地をとおり、万博記念公園にたどり着きます。 この通りの歩道は幅も広く真っすぐで人通りも少なく散歩やランニングするには絶好の道なのです。



そのJARIの未利用地内で、なにやら杭を打って作業をしている人たちに出くわしましたので、こちらの現場監督らしい方に聞いてみました。
今作っているのは、イーアス用の臨時の仮設駐車場とのことでした。 送迎用のバス駐車場も設けるとのことでした。

ざーとみて300台くらいでしょうか。 さて、この仮設駐車場は土日休日にオープンさせるのでしょうか?




撮影は5月18日4時ごろ

  


Posted by 古城 温 at 19:58Comments(0)研究学園の話題