2017年12月30日

つくば駅(中央地区)周辺の再開発点描

残すところあと一日で平成29年が終わろうとしています。

「アド街っく研究学園」のご愛読ありがとうございました。

年賀状を書き終えて投函はつくば中央の筑波学園本局にしようと、フランス製のマイチャリを漕いでつくば駅に向かいました。我が家のある研究学園駅から10分ちょっとです。

久しぶりにつくば駅前(北1駐車場)に来てみましたが、人通りがほとんどないのには驚きました。

駅前の北1駐車場は、筑波都市整備が保有していましたが、今年の6月に東側約半分(約7700㎡)を大和ハウス工業に売却しました。大和ハウス工業は、ここに地上5階建ての商業・業務施設を建設すると、つくば市から発表されています。

筑波都市整備はプロポーザル方式(主に業務の委託先や建築物の設計者を選定する際に、複数の者 に目的物に対する企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定する こと)で同社を選定し、6月30日に土地の購入契約を結んだもようです。

大和ハウス工業つくば支社によると、詳細は決まっていないが商業施設のほか、同支社の事務所などが入居する予定だとのことで、着工、完成時期も未定としています。(茨城新聞から引用)

現在は、大和ハウスの関連会社の駐車場会社が、賃貸し駐車場にしています。 周りの状況から見るとしばらくこのまま続くのでしょうか。



駅前側から



五十嵐立青市長は、「つくば駅前のにぎわい創出の起爆剤となるような施設が建設されることを期待している」と話したというが、
西武とイオンほかのテナントの撤退による後継テナントは決まらない状況であり、課題は山積のようです。
市は賑わいづくりをすすめると言っている間に。どんどん賑わいたちが逃げていきます  三井住友Bの隣の飲食店だった店も空いています




元URやACCSなどの事務所のあったURのビル(竹園1-2-1ほか)の土地約7000㎡は、株式会社タカラレーベンが購入し、「レーベン3」として19階建ての高層マンションが建設される予定です。 完成は2年後の春となっています。

用地の前の交差点から見た都市風景



建築計画のお知らせ看板




吾妻三丁目19番2から40の旧公務員住宅跡地(約9400㎡)は、株式会社フージャースアベニューが住宅地として建売住宅の建設販売中です。



39戸の住宅が計画されていて、土地面積は約200㎡で、建物は約112㎡~134㎡で販売価格6598万円~8698万円の高級住宅地です。 公務員住宅時代の遺産であった樹木の緑はすっかり伐採され、代わりにつくば市指定の景観協定緑地地区として蘇るのでしょうか
建物は、半分程度着工しています。

なお、同社は当住宅地の隣接地にも計画中です。

当該地区の隣の公務員住宅再開発予定地の樹木はこんなに大きくなっていましたが、こちらも同じように伐採される運命なのでしょう


 
駅前の大きな通りを真っすぐ西に向かうと学園西通りにぶつかるT字路(信号に地名が出ていないので判らない)から見た、右(南側)も左(北側)も取り壊され再開発の予定です。どのような業者が購入しどのような街を創るのかまだまだ未定ですが、創造的な素敵な街に変身させてほしいですね。



次回は、筑波大学の開発計画の予定地をみてみます


 






  


Posted by 古城 温 at 18:59Comments(0)開発状況

2017年12月26日

学園の森 「ネクシアンビル」に3店が開業

学園の森2丁目16-6 賃貸ビル NEXCIAN-ネクシアン(店舗付き賃貸マンション)1階の区画全部にテナントが決まり順次お店が開業しています。

シャトレーゼ横に建設された店舗付き賃貸マンションネクシアンビルは、9月末に完成していたが、1階店舗はこの秋に3店舗が入り全区画の入居が決まりました。



一つは、向かって東左に位置するピタットハウス研究学園店で株式会社よつば不動産です。ピタットハウスのチェーン店で12月12日にこちらにオープンしています。
茨城県南エリアを中心に新築一戸建・中古・土地・賃貸物件を多数取り扱っております。エネルギーあふれる若手から住宅ローンや資産運用など経験・知識が豊富なエキスパートまで、多彩なスタッフがお手伝いさせていただきます。(同社のHPから)




店内は明るいカウンターが中心のオフィスです。




二つ目は、ビルの真ん中にヘアーサロンのBrunetta(ブルネッタ)です。12月23日にオープンしました。
店の内はコンクリ―トの打ち放しで無機質であるがセンスの良いインテリアで、神宮前や代官山によく見かけられる店づくりです。

当店ではお客様の髪のケアを第一に考え、全メニューにアミノ酸ヘアケアトリートメントをさせて頂き、さらにカラーメニューには全て炭酸泉を使用してのスペシャルケアで提供させて頂きます。ぜひご体感下さい♪また、気軽に遊びにこれるようにプチプライスで種類豊富なメニューを多数ご用意しています。ご来店お待ちしております(同店のHPより)




店内







三つめは、向かって西側にエステティックサロン GINZA ブルー学園の森店です。
こちらは東京新宿に本部のある、エステテックチェーン大手のFAVORIX株式会社(本拠は福岡市)が展開する店舗で、全国に70店ほどあるそうです。

つくばは倉掛につくば店がありますが、2店目として勢いのあり若い人が多く住む学園の森に出店したそうです。
開店は年が明けた直ぐの1月5日です。



店内はただいま準備中で撮影は遠慮しましたのでシャンデリアをちょっと。




当ビルは3階建てで2・3階は賃貸住戸で12戸ほどあります。



その南側は、空き地でいまのところ未計画地となっていますが、その向こうには学園の森義務教育学校が4月の開校に向けて準備中です。



案内図




取材協力   ピタットハウス研究学園店 029-863-1711

         Brunetta〈ブルネッタ〉    029-898-9903

         BLV学園の森         029-886-7261

         























  


Posted by 古城 温 at 15:55Comments(0)このようなお店です

2017年12月20日

研究学園2・3丁目に3つの商業施設が予定される

2017年、葛城西通り(線)はめまぐるしく変化のあった年で、街並み景観が一変しました。

研究学園をしばし離れている間に、またまた新しい開発計画が生まれていました。

研究学園3丁目の葛城東光台通り(線)に沿った事業用地に、「商業施設建設予定地」と書かれた看板が大和ハウスによって掲げられました。

看板が掲げられたのは、研究学園3丁目23番地(推測9000㎡) 同じく24番地(推測7000㎡)の二区画で、東光台東交差点から西に向き、学園の森1丁目の調整池に面した場所です。


また、新都市中央通り沿いのイエローハットの隣接地となる区画、研究学園2丁目21番地(推測1500㎡)にも同様の大和ハウスの看板が掲げられています。(写真はなし)

看板をみると、まだ事業者や出店業種が決まったわけではなく、URから用地を取得した地権者に対し、商業施設に出店する事業者を探している段階ではないかと推察されます。

今、人気上昇中の研究学園地区と大和ハウスの事業力からみると、来年には新たな商業施設計画が動き出すものと思われます。

研究学園3丁目24番の用地




研究学園3丁目23番の用地




こちらの商業施設予定地の北側は、おおきな調整池が設けられており、予定地からは筑波山が真正面に見える。




こちらの調整池に名前は付いてないが、ただの調整池であるが千本桜実行委員会が2011年に植樹した桜が80本、その間に紫陽花が150株ほど植えこまれ、将来の桜の名所、紫陽花の名所になりうる場所でもあります。

4月の桜の季節、6月の紫陽花の季節を楽しみにしましょう。




案内図



  


Posted by 古城 温 at 17:49Comments(8)開発状況

2017年12月11日

エニタイムフィットネスがプレオープンしました




葛城西通り(線)は、11月から12月に新しいお店が続々とオープンしました。

エニタイムフィットネス学園の森店も12月8日(金)に、施設見学および先行入会受付のプレオープンをしました。

早速、店に伺ってみました。店内は、多数のスポーツマシンが備えられ、利用者を待つだけです。

12月17日(日)にグランドオープンします。12月17日まではプレ入会登録を受け付け中です。

本日も何組の方が申し込みをしていました。  今、入会登録を申し込むと12月の会費は0円で無料、1月は通常価格の半値3400円の会費で利用ができるそうです。

12月8日に入会の申し込み受け付けを完了した方は「3日間の日曜日まで200名を超えているので、オープンの17日までには300名を大きく超えるのではないか」と案内してくれたスタッフの方が説明してくれました。

24時間年中無休、月6800円と低価格、マシンジムに特化、全店利用可などのこちらのジム特有のサービスが人気のようです。

エニタイムフィットネスは、全世界に展開していますが、日本国内にも200店を超す店舗網があり、2020年には500店舗体制を目指すとのことです。

特に、全店利用の特典は、旅先や出張先でちょっと汗を流すことができ、大変便利です。また東京勤務の方も帰宅途中に近くのエニタイム店に寄って、仕事で溜まった癪の種も汗で流すこともできるでしょう。

こちらの学園の森店は、運動施設の面積が約500㎡もあり、200を超すエニタイム店舗網の中でもトップクラスだということでした。60台を超すスポーツマシンが設けられ、台数でもトップクラスとなります。

現在、スターティングスタッフは、7名だそうですが、ゆくゆくは10名体制で来店者の対応をすることになっているようです。

玄関を入るとチョークアートが出迎えてくれます。




施設内の様子   入り口側から




部屋の中央から入り口を見る




壁側にマシンが並びます











案内図




取材協力   エニタイムフィットネス学園の森店
         所在地  つくば市学園の森1-14
         電話番号  029-869-5280



、  


Posted by 古城 温 at 19:03Comments(0)このようなお店です

2017年12月09日

名古屋城天守閣が建て替えられる





本日は、研究学園に関係のない気まぐれの番外編 

金のしゃちほこで有名な名古屋城天守閣は、城郭建築として国宝第1 号でありなが ら、戦災により惜しくも焼失してしまいました。戦後、市民の多大な寄附により再建されたがコンクリート 製の模造建築物です。

再建から半世紀を経て建物は老朽化し、耐震性など様々な課題が 発生しています。そこで、名古屋市では、名古屋城天守閣の木造復元を進めていま す。

なお、木造復元された天守閣の竣工時期は、5年後の平成34 年12 月を予定しています。

鉄筋コンクリートより、木造の方が丈夫なのです。 全国に数多くあるお寺や神社など、建立されてから数百年たったいまも健全としてることが証明しています。

姫路城、松本城、犬山城みんな素晴らしい   

5年後が楽しみです。その前に復元中の本丸御殿の一部が公開されているので見に行ってきました。

玄関  本丸御殿をおとずれた人が、まづ通され取次ぎを待つ部屋。一之間と二之間のの二部屋があり、床の間も襖も虎の絵で、来訪者を威圧しています。






表書院  正規の謁見に用いられた大広間。 上段の間。一之間、二乃間、三之間、納戸之間の5間からなっています。




対面所  藩主と身内や家臣との私的な対面や宴会に用いられた部屋で4部屋からなっている



天井は黒漆塗り二重折り上げ小組各天井だと言います





正面玄関


                                                                        この稿終わり                                                        
   


Posted by 古城 温 at 22:52Comments(0)

2017年12月07日

学園の森にAUが移転し本日(7日)オープンしました



学園の森1-14-3にauショップつくば研究学園が本日7日にオープンしました。

auショップは、学園南2丁目6に店を構えていましたが、店が狭くなったことや客の動線が葛城西通り(線)沿いに移っていることなどから、こちらに移転をしました。

こちらのauショップは、地元の関彰商事(子会社セキショウモバイルが運営)のモバイルショップで、ソフトバンク店も併せて計22店の店を運営しています。
なお、学園南のソフトバンク店も同社の店で、店舗はそのまま継続しています。 同場所の店舗跡地は、また別の事業者がテナントとして入るものと思われます。

すでにドコモも同じように葛城西通り(線)に移転していることや、量販店のケーズデンキもモバイルショップを併設していることなどから、同通りにおけるモバイル市場はますます高くなるものとみられます。

auショップつくば研究学園では、12月7日から10日までオープン記念のイベントをやっています。また同期間で契約された方には、豪華景品が当たる大抽選会をやっています。

オープン当日の外観  入り口でイベント中




店内撮影は出来ませんでしたので、入り口だけ



ここから宣伝



チラシからも・・・・



案内図  チラシから引用




auショップのお隣の24時間営業のエニタイムフィットネスは、明日8日プレオープンです。後日取材することにします。



ついでにカワチに買い物に・・・・店一つできて駐車が満杯に













  


Posted by 古城 温 at 13:36Comments(0)このようなお店です

2017年12月05日

みずほの村市場の癒しイベント

農産物直売所『みずほの村市場』は、味の良い安全な農産物を新鮮なうちに味わってほしい。そんな農業経営者の思いが集まった、農産物直売所です。

農産物直売所では全国的に有名で、メディアにもたびたび登場し、流通関係者や農業関係者が絶え間なく視察に訪れ、いまでは農産物販売所の名所となっています。

みずほの村恒例の新嘗祭記念「案山子コンテスト」が、11月18.19日に行われ入賞作品が発表され同市場のかかしハウスに展示されています。

最優秀作品は、メタボリックマ(だっておいしいんだモン)です。 制作者は、昨年も、一昨年もこのコンクールで最優秀賞を獲得している方でした。
賞品は3万円みずほ商品券と米60Kです。






優秀作品はレンコン三兄弟です。  賞品は2万円のみずほ商品券と米30Kです。







みずほの村市場の紅葉  



ちなみに我が家の紅葉






  


Posted by 古城 温 at 19:48Comments(0)催しもの

2017年12月01日

研究学園の新名所「コナズ珈琲」本日オープン




研究学園西交差点脇に「コナズ珈琲つくば店」が12月1日10時にオープンしました。

当日の午後3時ごろ、遅めの昼食を兼ねて店を訪ねてみました。

ハワイの休日をイメージしたとてもアットホームな店として、株式会社トリドールホールディングの展開するカフェ店でつくば店が9店目となります。同社のカフェとして、初めての新築の店だそうです。

”ハワイに来たようなお店・・・”と謳っていることもあって、建物は木造の平屋建て、周りを南国の常緑樹木を植えこみ、入り口アプローチには本物の火が赤々と燃えています。
かなりおしゃれなお店で、これがハワイの店かと店に入る前から楽しい気持ちになってしまいます

3時過ぎでも店用の駐車場は満杯でした。お店は全80席が用意されていますが、オープン日ともあって満席です

3組の客が順番待ちでしたが、約10分ほどで席に案内されました。

オーダーした後の待っている間に、写真を撮ることにしました(店内撮影は許可済みです)

お店は雰囲気の良いコの字型の間取りで、まるでハワイです。ハワイに行ったことが無い者でもハワイを感じることができました。

この店のハワイの雰囲気は、研究学園地区の若いファミリー層やママたちの女子会などにお気に入りのお店になること間違いないでしょう。

つくば中央地区はイオンが撤退することになり、ますます空洞化に拍車がかかるものと懸念されます。逆に研究学園地区には、このような楽しくてワクワクする店がどんどん進出しています。 ここ「コナズ珈琲」は、きっと研究学園地区の新しい名所になるものと思われます。


入り口から




本物の火がゆらゆらと燃えている。



まずは、笑顔がかっこいい店長の伊藤さんです。スタッフ40名を束ねてこの店の指揮官です。「研究学園地区は、飲食店が多く舌の肥えたお客様が大勢いらっしゃいます。そのようなお客様にきっと満足いただける店を目指しています」とのことです。




店内風景  インテリアは木の板を粗削りのままにた木目調の壁と天井にテーブルもフラワーボックスも同じ木目調。
常緑樹木を多数配置し、ハワイ南国の雰囲気を醸し出している。
入り口から右の席







グループ用のテーブルも用意されている




入り口から左の席




窓際は天井の高い吹き抜けとなっている



窓の外には火が燃えているのが見える



こちらは自家焙煎コーナーとコーヒー豆の販売。  コーヒー豆の種類は今のところ12種類をそろえている








メニュー表  食事をされるお客には飲み物は100円引きになる




コナズハンバーガー 1280円を食べてみることにした  スタンダードなタイプのハンバーガーとの説明。



このようなスポットインテリアも見ていて楽しい。



案内図




取材協力  コナズ珈琲つくば店    
        つくば市研究学園3丁目1-3   
        TeL 029-859-8505

、  


Posted by 古城 温 at 19:03Comments(1)このようなお店です