2018年01月22日

佐原の歴史的建造物群を探訪

少々遅い初詣の香取神宮から2キロほどで佐原の街があります。

佐原の街を流れる小野川沿いや街道沿いには、江戸情緒残る街並みが保存されています。一度は訪ねたい街です。


香取神宮の後に訪ねてみました。土曜日とはいえ冬場で観光客は少なく、ゆっくりと街歩きが楽しめました。

川に沿って建つ江戸時代の商家や土蔵など風情ある景観が見れます。それは池波正太郎の世界をちょっと覗いた雰囲気でした。


佐原を流れる小野川の両側に柳の並木  古い町並みが好きな方にはお勧めです




街並みの中心にある、伊能忠敬旧邸  その前のジャージャー橋と言われる樋橋からは水が落ちています




小野川と柳が歴史的建造物にマッチし癒す風景を醸し出すのでしょう・・・・・柳はご覧の通りですが




寛政12年創業の醤油屋 正上  いかだ焼き本舗として佃煮やとなった蔵




中村屋商店と中村屋酒店




福新呉服店(左)と蕎麦小堀屋




こちらは中央観光案内所




旧川崎銀行佐原支店は三菱銀行と合併し三菱銀行佐原支店となるが現在は佐原町並交流館となっている   電柱が邪魔 



この通りは通貨道路で生活道路でもあり車が多く、観光のそぞろ歩きに注意を要する   電柱の地中埋設化を促したい




まだまだ歴史的建造物はあるのだが、このくらいで・・・・・ほとんどの建物の内部が見れないのが惜しい


  


Posted by 12クラス書記 at 17:33Comments(0)