2018年05月08日

美にドラマあり「名作誕生」を観る

連休に入る前の平日に、東京国立博物館平成館で開催中の、特別展「名作誕生」つながる日本美術を観てきました。

混雑するほどではないが、平日でもかなりの人で賑わっていました。この展覧会は、国宝や重要文化財などの古くから存在する美術作品の「名作」を数多く展示されています。教科書や記念切手などでも知られている作品をいくつか目にしました。

ガイドによると作品間の影響関係や共通する社会背景に着目し、名作を生んだ「つながり」をわかりやすく紹介する展覧会だそうです。







展示作品の一部



重要文化財 伊藤若冲 仙人掌群鶏図襖



国宝 風俗図屏風  5月15日から展示のため見れなかった




国宝 普賢菩薩騎象像



岸田劉生 野童女


まだまだ名作はありました 国宝美術品は東京国立博物館でも普通に見られるものも展示されていました。

写真はネットから




鉛筆今日の12×575
連休中にUSJの怖さを楽しむ乗り物のコースターがお客を載せたまま逆さ吊りで2時間も停められた事故がありました。


写真はネットから   スイス・ジュネーブ


  


Posted by 12クラス書記 at 20:11Comments(0)美術館で目の保養