2018年05月17日

小野崎地区は隠れたおしゃれゾーン

ララガーデンの蔦屋書店の帰りに小野崎地区を歩いてみました。

先日ぶらり途中下車の旅にCOXというカフェが取り上げられていたので訪ねてみました。

県道408線(通り名は判りません)の西海道交差点(なぜ海が付くのだろうか)から西大通りの小野崎交差点に抜ける道(通り名がないからわかりずらい800mの道)の3分の2ほど行ったところの四差路の角にコンクリートの塊のような建物があったのですぐわかりました。

こちらの建物は二方向道路であるが窓が全くなく、看板もないのでとにかく不思議な建物です。中に入るとまず驚いたのは、ほぼ満席です。平日の昼下がりの3時ごろでした。

内部の写真撮りの了承をいただき一休みもしてきましたので、後日当ブログにアップいたします。

カメラ








この通りや地域にはおしゃれな建物が点在していました。

その一つ ギャラリーサイカ   オーナーは海老沼彩花さんで陶芸家の方です。 展示会は、明日からというので来週伺いすることにしました。




二つ目 李厨房小野崎店  西安料理と看板にありました。西安料理ってどんな中華かな・・・外観の写真を撮らせてもらい後日ランチを食べに来ることにしよう。




三つ目 アーティザナルという美容室です。 かっこいい建物で、建物だけ見ればは何屋さんかわかりませんでした。こちらも看板は出ていません。アーティザナルとは、フランス語で「職人芸の」「職人がやるような」という意味だそうです。




そのほかにこの地域にはセンスの良い素敵な建物が点在していますし、個人住宅も民家風やプリンスエドワード風なものがありました。


この地域には、その昔小野崎城があった場所で、3年前にその小野崎城址を見学に来たことがあります。 個人の所有地なので地元の方に案内してもらい城だったことが判る深い堀と土塁を見ることができました。

個人宅のため全体写真は省略します。城だったことを物語る堀の一部は大きな池になっています。城址の敷地はこんもりとした大きな林の中に囲まれていて、城だったことは見た目ではわからないかもしれません。







鉛筆今日の12×575
今日の新聞によるとライザップがCM効果で業績が伸び婦人服、ジーンズ、CD販売店、サッカークラブ、新聞社と次々に買収しているという。


写真はネットから   フランス・ロカマドゥール

  


Posted by 12クラス書記 at 21:54Comments(0)つくばの話題を見つけた