2018年05月27日

乃木将軍の邸を見に行く

研究学園駅から北千住で千代田線に乗り換え乃木坂まで1時間20分。駅を出てすぐの外苑東通りと乃木坂に面したところに乃木公園があります。 (乃木坂の通りも久しぶり・・・・・)

この公園は日清・日露戦争を戦った陸軍大将乃木希典の邸宅地でしたが、乃木将軍の遺言により、公園として東京市に寄贈され、大正2年に開設されました。

公園のなかに乃木将軍の邸があり、昨日と今日がその邸の公開日でした。 2日間の公開日が年に2~3回しか無いので公開日は大変貴重です。

現存する邸宅は、乃木大将がドイツ留学中に見たフランス連隊本部を参考にして、自らの設計により明治35 年(1902)に新築されたものです。

明治期の将官の邸宅は接客を目的とする豪華な建物が多かったのに比べ、乃木邸は大変質素に作られました。外観は黒塗りの板張りで飾り気がなく、内部の部屋も極めて簡素です。 明治期の和洋折衷建築としても貴重なもので東京都の指定文化財になっています。

カメラ
正面の門   外苑東通り沿いにあります




南側からの外観   外壁は板に黒系の塗装が施されている




南側からの外観を玄関側から   外側に見学用の回廊が作られていて、外側からはいつでも見れるようにはなっているが、内部には入れない。




内部の撮影はない禁止で、撮影は外側からあならOKでした   こちらは乃木将軍の居室でこの部屋で自刃したそうです




将軍の居室の奥が奥様の居室




馬小屋も現存です   明治22 年(1889)に建てられました。煉瓦造り、日本瓦葺きの平屋建てで、母屋より立派であったことから、「新坂の馬屋敷」と称されて評判になったといいます。煉瓦は英国から取り寄せるほどのこだわりぶりで、乃木将軍が馬を大切にしたのが判ります。




庭の一部  乃木公園の一部でもあります




大都会のど真ん中  庭からは目の前に高級マンションがそびえたっている






今日の12×575   パソコンに乃木坂と入れると乃木坂46がまず一番に出てくる、つづくのは乃木坂46関係ばかり    乃木将軍は遠くなりにけれ


写真はネットから   イタリア・ヴェルナッツァ   
  


Posted by 12クラス書記 at 19:37Comments(0)古いものが見たくて