2015年09月11日

研究学園にコミュニティサロン「サロンゆうゆう」がスタート

研究学園駅前のマンションの1階にシニアの方々を対象とした、コミュニティサロン「サロンゆうゆう」がスタートしました。

「サロンゆうゆう」は、新しい街の研究学園に、他市他県から転居してきた高齢者の健康向上を目的としていますが、高齢者が孤立することないように街の人たちと交遊ができる場所にもしています。

サロンは、駅前のマンションレーベン研究学園の1階林技術事務所(通称;ハヤシサロン)に設け、毎月3回開催しています。

主宰者は、研究学園在住の元開業医で地域医療の第一人者の室生勝先生です。医院を閉鎖した後も高齢者のための講演や相談など精力的に活動されています。
室生先生は、高齢者が孤立すれば認知機能及び運動機能が低下するおそれがあるため、その予防のために尽力したいとのことでサロンを立ち上げた言っていました。

サロンでは、そのために健康管理や介護予防、在宅ケアなど、終末期医療、平穏死等の学習を行います。
また、認知機能の低下予防のために、参加者の健康法や、自分史、特技、そして趣味や関心事などを参加者に語ってもらったりもします。

そのほかに、体を動かしたり、音楽を聴いたり、外出支援(買い物、散歩等)等を行う専門職による健康・介護相談なども受けられるようにしたいとも言っています。

毎月 第1月曜日、第2火曜日、第4火曜日 の午後1時30分から4時まで開催しています。
場所は、研究学園駅南側のマンションレーベン研究学園1階 林技術事務所です。

費用は1回200円とのことでした。

お問い合わせ・ご連絡は  室生勝 先生 E/mail monnroo@orchid.plala.or.jp まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月8日(火) サロンゆうゆうのメニュー 

①話題:高齢者の検査データーをどう読むか 室生勝先生
健診や一般診療での血液検査結果を、多くの医師は成人の基準値で説明しています。変じゃないですか。高齢者の基準値はあるのか?

②マッサージ実演と健康講話:小池栄治先生((鍼灸マッサージ師・つくば草の根はりきゅう院)

スタートのひととき 通常は15名程度とのことですが、当日は雨のため女性陣の参加者が少なかったようです



サロンゆうゆうの場所











Posted by 12クラス書記 at 15:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。