2015年09月27日

研究学園の木遊会は会員が100人を超すコミュニティに成長

研究学園に木遊会という名前のコミュニティ倶楽部があります。

新しい街研究学園に他県、他市、多地区から移り住んだ高齢者の交遊コミュニティーです。

6年前に、研究学園駅前公園で朝6時30分に、一人の居住者がラジオ体操をはじめたのがきっかけです。 一人の体操に散歩の人が仲間に入り2人になり、また1人と・・・・瞬く間に10名以上の体操の輪ができました。

聞けば一人ひとりは、研究学園に済み始めて間もない方ばかり。 体操だけではなく、何か楽しみましょうとして、木曜日に集まることになりました。

それで、「木遊会」としてスタートしました。 月二回の集まりで、集まってみんなで話し合う、集まって体を動かすなどで、このようなことで改めて知り合いになるなど輪がどんどん膨らみました。 酒も飲む、美味い料理を作って食べる。駅前地区のまちづくりなどにも参加するなどです。 
木遊会には、数々のお楽しみの「同好会」があります。 

健康マージャン、歴史探索、囲碁・将棋、カラオケ、絵画、ゴルフ、パッチワーク、パソコン教室、ウィルネス健康、古民家農園など

どの会にも、先生役がいて、世話役がいます。 自分の好きな会に行けば楽しめます。

ほかに、会員がみんなで楽しむための、談話会と茶話会があります。

いづれもこのような会には、好きな人だけが参加する規則で、強制はしません。すべて「この指とまれ」です。

先週の金曜日に研究学園駅前公園古民家で「手作り餃子と北条新米を食する会」が催され、42名の会員が集まりました。 会員に料理教室の先生がいて、その先生の指導で餃子も作られました。

来月は同じように「芋煮会」が、そして11月には「バス旅行会」が計画されています。

「手作り餃子と北条新米を食する会」


「手作り餃子」






  






Posted by 12クラス書記 at 21:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。