2016年02月04日

研究学園のサクラ 48 フジキンのサクラ

研究学園から谷田部への通り道(道路の名はわからない)に30年前に科学万博が開催されました、その跡地は科学万博記念公園になっています。ほかは西部工業団地として民間の研究所が立ち並んでいる。 

その西部工業団地で、科学万博のときに南ゲートだったところにフジキン つくば先端事業所があります。

この研究所には、清浄度世界一のレベルを誇るクラス1のウルトラスーパークリーンルームをはじめ、数々のハイテク対応技術が随所に配され、環境制御装置や超精密ながれ(流体)制御機器の研究開発と生産を行っています。

また、敷地の一角には淡塩水魚研究施設も併設されています。

ここでは、乱獲と人工飼育・孵化が極めて困難なため、絶滅が心配されている“チョウザメ”(キャビアを産む高級淡水魚)の孵化制御や飼育技術、水質制御の技術開発が行われ、世界でも類を見ないユニークな研究として注目を集めているそうです。

その隣の研究施設は、テキサスインスツルメンツの施設でしたが2009年6月撤退しその後建物を取り壊しました。その跡地を、東京エレクトロンが新しい研究施設を建てましたが、外国企業に買収されまた撤退をして、今はその建物はフジキンの施設として使用しています。

昨年秋のTBSドラマ「下町ロケット」の舞台(ロケーション)としても全国におなじみとなりました。

その研究施設には、道路に沿ってと43本の桜が並木となっています。敷地の中にと旧東京エレクトン側の正面玄関に2列20本の若い桜が植えてあります。

研究学園から谷田部に向かう道の右は科学万博記念公園 左がフジキンの施設   いずれも写真撮影2015年4月2日


研究学園の方向を見て右がフジキン


研究学園の方向をみて右がフジキン


案内図













同じカテゴリー(研究学園さくらマップ)の記事画像
研究学園の桜はまだ咲いています
研究学園のさくらは今日、満開です
研究学園で一番早いサクラはもう咲いています
研究学園のサクラ  最終回    駅前のサクラ
研究学園のサクラ 51  やなぎ公園のサクラ
研究学園のサクラ 50 西平塚のサクラ
同じカテゴリー(研究学園さくらマップ)の記事
 研究学園の桜はまだ咲いています (2017-04-13 20:31)
 研究学園のさくらは今日、満開です (2017-04-10 19:55)
 研究学園で一番早いサクラはもう咲いています (2016-02-27 01:26)
 研究学園のサクラ  最終回    駅前のサクラ (2016-02-21 20:51)
 研究学園のサクラ 51  やなぎ公園のサクラ (2016-02-20 21:04)
 研究学園のサクラ 50 西平塚のサクラ (2016-02-08 18:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。