2016年03月06日

研究学園の「マイツリー大作戦」には大勢の市民が参加した

研究学園の北東部地域に葛城地区大規模緑地で、3月5日「マイツリー大作戦」が催され、市民の民さんが大勢参加されました。

この大規模緑地は、茨城県が保有しており緑地の整備と維持管理を市民協働で行っていくものです。その一環として、市民の手で木を植えて森をつくる催しが行われました。

大規模緑地には平坦な木の生えていない場所がります。その場所に市民の手で木を植えて、里山にして将来の森にしようというものです。

今回のイベントは「マイツリー大作戦」と名づけられ将来の森になる木の苗木を植えることにしました。

樹種は里山らしく、くぬぎ、こなら、ヤマザクラ、コブシ、えのきなど8種と低木の山吹、うつぎ、むらさきしきぶなど5種です。 今日の「マイツリー大作戦」には、子供も多く大半は家族が総出での参加です。おかげで予定組数50組を上回るほどたくさんの方々が参加しました。

植えたマイツリーには夫々の記念樹として、また自分や子供の思いを込めた書き込みをしたプレートを掲げるようにしました。

誰が植えた木なのか直ぐわかりますので、夫々にその木々の成長が楽しめることになります。

朝10時から12時まで約2時間、一組5本の植樹をしていただき計300本を植えることが出来ました。 明日は雨の予想です、恵みの雨になるといいですね。上手く根付くように願いましょう。

シャベルを使い木を植える作業に没頭中


子供も一生懸命です  初めてのお(シャベル)使い


ようやく穴が掘れました お父さんとお母さんは後4つの穴を掘っています


アウディの北側一帯の植樹風景


朝10時 植樹のスタートにあたっての説明
>


植樹風景の一部  右前方には湧き水の小さな池があります


プレートが付けられました 真人君の記念樹です。木が育ったらカブトムシが来るかもしれません。 そして20歳なったときが楽しみで~す







Posted by 12クラス書記 at 00:28│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。