2016年04月01日

研究学園木遊会は大花見会を行った

研究学園のシニア友好会『木遊会』が3月31日に早々と花見会を行いました。

研究学園駅前公園の桜の木の下に集まったのは約70名あまりです。会員は110名ほどいますが約7割の参加でした。

駅前公園の桜は二分咲き程度ですが当日は天気がよく、風も無く本物の花見日よりでした。

吾妻の松見亭から食事を取り寄せ、お酒もおつまみも出されてほかに手作りの料理を持ち込んだりと、食べて飲んでしゃべって・・・・歌って・約2時間を皆楽しく過ごしました。

木遊会は、7年前に駅前公園で一人の体操からスタートし、いまは100名を超す大集団に育ちました。

歴史を散策する会から、カラオケ、ゴルフ、囲碁、手芸、絵画、パソコン、ウォーキングしてランチを食べるなどの同好会があります。みな定期的に集まり会を楽しんでいます。

月一回は健康の話や老後に必要な話など聞く会も催されます。バス旅行や手作り餃子、蕎麦うち、そして芋煮会など、コミュニケーションをはかる催しは多彩です。

会員は、他県や他市から移り住んだ人ばかりです。このような集団が行政の指導も支援も無く、会員の自主活動で輪が大きくなったのは珍しい例ではないかと思いますね。

年齢層は40歳代から90歳代までと幅広く、平均年齢は70歳の前半となります。

このように木遊会は研究学園の高齢者層のコミュニケーションづくりに貢献しています。

つくば市には300箇所を超す集会所と17箇所の交流センターがありますが、研究学園には集まれる場所がないのです。

市議会HPの議会審議動画によりますと、3月の定例市議会で山本美和議員が、「TX沿線における集会所のありかた」について市原市長に質しました。 市長は積極的に取り組みたいとの答に留まっています。続けて山本議員は、草加市の例をあげTX高架下を活用しそこに集会所設置の提案していました。

研究学園に、誰でも利用できる集会施設が早急に欲しいものです。

木遊会のお花見風景 3月31日




集合写真はモザイクをかけたので見難いかもしれません









Posted by 12クラス書記 at 22:07│Comments(3)
この記事へのコメント
コメント失礼致します。
高架下に集会施設は反対です。
土地に余裕がない既成市街地ではそうした利用の仕方もありうると思いますが、TX沿線でいきなりそんな水準から議論することはいかがかと思います。

こちらのコメント欄で長々と議論をするのも失礼にあたりますので、端的になり恐縮ですが、気になりまして書かせていただきました。
Posted by G at 2016年04月02日 17:37
市は開発条例で一定以上の計画住戸に集会室設置の義務付けをしてます。
したがって集会室を所有する管理組合や区会がありますが、ほとんどの住戸には集会室がありません。

集会室を希望する際には、土地探しからはじめなければなりません。その意味でも好適地とは言えないが、TXの遊休地は期待が高まるかもしれませんね。 

研究学園地区では、交流センターの早期着工が必要と思います。研究学園全体計画の中に用地も確保されているはずです。
Posted by 五斗蒔 二六五斗蒔 二六 at 2016年04月02日 23:54
〉集会室を希望する際には、土地探しからはじめなければなりません。
〉その意味でも好適地とは言えないが、TXの遊休地は期待が高まる
〉かもしれませんね。 

「好適地とは言えない」とおっしゃっていますが、ならば、そこから
議論をするのはいかがなものかと。順序が違うと思います。
TXの遊休地の心配をする前に、この広いエリアのなかでどこに
設けるべきか機能の連携等の面からも、土地利用上の面的な
検討から行われるべきで、高架下ありきで話を進めるのは違うと
思います。


〉研究学園地区では、交流センターの早期着工が必要と思います。

早期着工がされるとよいことは、私も同じように思うところですが、
行政に整備を求めるならば、その前に、施策上の位置づけ等も
明確に、上位計画等(場合によって設置根拠法、設置補助金)
の調整が必要かと思います。
単発で、行政に施設を要求するという持っていき方では、「暖簾に
腕押し」でしょう。

昨年度までのことを言ってもしょうがないですが、総合運動公園
のような計画ばかりを優先せず、TX沿線というエリアにて何が必要か、
きちんと議論をしてほしかったと思います。市には。。。


〉研究学園全体計画の中に用地も確保されているはずです。

いや、まだ葛城地区のなかに用地は確保されていないはずです。
市は、こうした集会場用地としてまだ土地を取得していないです。
公共施設用地としての利用を想定し、現在民間事業者への
分譲対象からはずしている保留地(県保有)等はあるでしょうけれど、
だからと言って確保されているとは言えないと思います。
Posted by G at 2016年04月03日 07:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。