2016年05月01日

研究学園駅前公園でエコDeひと・かかしコンクールエキシビション展

研究学園駅前公園で3月30日から4月25日まで手作り制作人形の『エコDe人』展と『かかしコンクール・エキシビション』展を行いました。

この展示会は研究学園木遊会が、春の駅前公園で、人形やかかしを皆さんに楽しんでもらおうと企画したものです。

『エコDeひと』展は、木遊会が毎年駅前のイルミネーションに出展している制作モノです。人形の素材は、ダンボールやペットボトル、そして古着などの廃材を使ったエコ人形としました。また出来る限り人に似せて作成したつもりだそうです。

『かかしコンクール・エキシビション』展は、農産物直売所みずほの村市場のかかしコンクールの上位入賞作品を展示したものです。

案山子は秋のものですが、春の案山子もまた特別な味わいがあります。特に研究学園駅前公園は春になると一斉にさくらの花が咲き始め
手入れの良い市民の皆が楽しめる公園です。

その公園管理事務所および市役所公園課のご支援をいただき、春休みを挟み約1ヶ月の展示をすることが出来ました。

公園は、平日は赤ちゃん連れのお母さんや、園外保育の近く園児などが来られますので、きっと楽しんでもらったのではないでしょうか。

休日になると家族連れが大勢遊びに来ます。 人形や案山子の前で子供や赤ちゃんと写真を撮っているパパやママを見かけました。


昨年は、つくばセンターの「つくばパフォーマンスギャラリー」で開催しましたが、いまいち盛り上がりに欠けました。出品作品が少なかったこともあります。

今年は、この研究学園駅前公園を会場に全部で10体を展示しましたがなかなか評判は良かったとのことでした。制作者からの話では「いかに精度をあげてらしくみせるかが大事です」とのことでした。

主催者の木遊会の責任者の方は、来年も続けて開催したい、また皆さんに声を掛けて更に人形や案山子の数を増やしたいとのことでした。

ときどき声を掛けられてしまう「日向ぼっこのおばあちゃん」


イルミネーションから引っ越してきました。


子供に一番人気が合った宇宙遊泳で一休み


昨年の人気者五郎丸も出ていました。


案山子と人形の競演です


かぼちゃ大王










Posted by 12クラス書記 at 16:25│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。