2016年05月06日

研究学園にまた自動車会社BMWが進出する

研究学園地区の学園の森に、また自動車会社BMWが進出してくることがわかりました。

学園の森3丁目8-2所在の茨城県所有の誘致用地が競争入札され、その結果土浦市のIbaraki BMW「株式会社モトーレンレピオ」が落札しました。

場所はコストコの入り口の真ん前となります。

落札したモトーレンレピオ社は、2011年1月に研究学園地区の学園南3丁目につくば支店として営業を始ました。その後、他の外国車ディラーが学園の森にどんどん進出し華々しく店舗を設けました。 

学園南のBMWの場所は、劣っているとは思いませんが少々手狭のような気がします。そのようなことを考えると、もっと広い新しい場所で、そして賑やかな場所に再進出することも必要になったのかなと考えます。

土地面積は6724㎡(2000坪強)ありますので、学園南の既存店舗よりかなり広いですね。

落札価格は535,269,000円となりますので坪単価26万円強でしょう。

境松西平塚通り(線)に新しくBMWが店舗を構えますと、ますます自動車戦争が激しくなるのかなと思います。

狭い地域の中に数社の外国車ディラーが並んでいるのは日本でも珍しい地域ではないでしょうか? さながら自動車販売特区、あるいはディラー街道とも呼びたいいくらいです。

外国車ディラーの店舗や社屋の建物は、デザインが優れており綺麗でセンスの良い建物になります。研究学園に良い街並みを造ってくれるのは歓迎ですね。 

写真は同社のHPより
















Posted by 12クラス書記 at 18:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。