2016年07月14日

研究学園のC45街区に大型学習塾の建設が始まった

研究学園の開発は猛烈な勢いで進んでいます。

特に学園の森地区では、クレーンや大型の建設機械がフルに動いています。この地域をと通るたんびになんだか自分の心も躍るような気がします。

そんななか、いよいよC45街区の業務用の一画の施設が着工されました。 建物は大型の学習塾です。

集合する施設には、必ずと言っていいほど学習塾が入居しています。 こちらの建物は学習塾としては大型です。隣接には、小中学校が平成30年4月に開校します。

この小中校の門前塾として、学校帰りの児童生徒をごっそり受け入れようとする計画なのでしょうか? 工事中の塾は鉄骨造の2階建てで延べ面積1000㎡ほどの建物です。 完成時期は9月末なので10月には開校できると思われます。

教育日本一を目指すつくば市に、学習塾が数多いのも研究学園の特徴かもしれません。

C45街区は大和ハウスの一体開発事業で、宅地造成中の真っ最中です。この学習塾は業務用区画の一部で、地元の不動産事業者が大和ハウスから購入し、建物を建て学習塾に賃貸する収益用ビルになるのでしょう。

隣接には保育園も計画されています。ほかに物販やスポーツクラブも計画されています。戸建て街区は、すでに住宅の販売がスタートしています。

C44街区は、基本の道路付けが終了し、屋根つきの通学の専用道路も完成しました。こちらは、まだURの保留地ですが、一括で新興の中堅デベロッパーX社が購入する噂があります。

学習塾の基礎工事が始まりました


こちらの工事も大和ハウスですね・・・一体事業だから当然でしょう  研究学園に大和ハウスの看板が切れることはない 学園南1丁目のヤマシンの手前のマンションも工事していましたね (看板のC53街区が正しい街区名)


C45街区の屋根付き通学専用道路の工事中  屋根はC44街区から連続してします


C45街区の開発行為お知らせ看板 この行為地区で戸建て住宅が159戸予定されていることがわかります



案内図








Posted by 12クラス書記 at 13:53│Comments(3)
この記事へのコメント
中堅のディベロッパー、○ラン○ィ○ウスかな?けっこう残念。質感大丈夫かな?
Posted by とも蔵 at 2016年07月17日 00:29
とも蔵さんいい感してますね。業界ではもっぱらの噂です。
Posted by 五斗蒔 二六五斗蒔 二六 at 2016年07月17日 11:25
五斗蒔さんどうも。業界では噂なんですね?あのあたりは地価がそこそこ高いので、どのような価格設定で来るんてしょうか?今まではニッチな土地を見つけるのが上手で、価格もディスカウンターと大手の中間くらいを狙う戦略だったと思います。電柱の地中化を義務付けられたような土地で、どんなコンセプトの住宅地を提案してくるのか興味ありますね。いまいち雑な印象のあるディベロッパーなので頑張って欲しいです。
Posted by とも蔵 at 2016年07月17日 18:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。