2017年04月21日

聞けば聞くほど面白い森林総合研究所

平成29年の科学技術週間が今週(4月17日)から始まりました。
つくば市にある研究機関が一斉に施設を一般に公開します。

研究学園で、郷土の歴史と地理を勉強している会の「研究学園郷土史サロン」は、今回この科学技術週間に便乗し森林総合研究所で今日21日に、今年度初めての例会を開きました。

会の開催は、冬場を除き月1回とし、研究学園木遊会の「歴史散策の会」と一緒に活動をしています。 今回は25名の参加がありました。

今日の天候は曇天でしたが風もなく寒くもなく暑くもなく、外歩きにはいい日よりです。

研究学園駅前に集合し、TXでつくばに下りつくばセンターからバスで森林総合研究所への行程です。

つくばセンターからは、農林研究団地の中心部の農林水産技術会議事務局前まで無料バスが出ていますが、バスがマイクロバスのため乗り切れない人もいました。

農林団地の中心部からは、農林団地内の循環バスに乗り換えて目的地「森林農林総合研究所」につきます。

国立研究開発法人森林研究・整備機構というのが正式名称で、森林総合研究所、森林整備センター、森林保険センターと三つの研究機関が組織されています。

同機構はこちらが、いわゆる本社機能的な本部となり、ほかに八王子、北海道、岩手、京都、熊本などにも研究施設をもち、その地にあった樹木の研究をしているとのことす。

こちらの森林総合研究所には、第1、第2樹木園があり、樹木の形態や性質の観察、各種の研究材料として利用するための重要な施設になっています。

また、森林、林業の理解を深める場となるよう、日常も一般に公開していますが、第1樹木園のみだそうです。

現在640種類の国内産、外国産の樹木が育てられています。

樹木園は大きな林なので、今の季節は若葉の時期で大変綺麗です。 夏は濃い緑に花や実がなり、秋は紅葉が見れて素敵だということでした。 四季のうちいつ観ても樹木が大変美しく感じる場所だそうです。

つくばセンター旧西武横の臨時バス乗り場には、赤いジャンパーの係員が案内してくれます。



森林総合研究所の構内案内図 とにかく広い



構内はゴミ一つない綺麗なところです。新緑がさわやかでした。



樹木園ではそれぞれ7、8人のグループに別れ、グループごとに専門の職員がついて説明してくれました。 樹木園は森林総合センターの正門を入ってすぐのところにあります。



葉の形を手に取って樹木の違いや、同じような木でも見分け方など、また樹木の呼び方の由来など教えてくれます。 一番は樹木の使われ方などで、なぜこの樹木がこのような器具・道具に使われたのかなど職員の方から懇切丁寧に教えていただいた。



森の展示ルーム  木材の使われ方や、木の音、森の土壌に様子、木を食い荒らす害虫の標本など展示してあります。


















同じカテゴリー(研究学園の歴史)の記事画像
豊里のスリランカ寺院 讃仏陀楼迦寺をみる
研究学園郷土史サロンは小田城址と華の幹へ
研究学園 郷土史サロンは旧桜村金田地区を巡る
研究学園 郷土史サロンは旧桜村妻木を巡る
研究学園「郷土史サロン」は天狗党の志士の墓に参る
研究学園の「郷土史サロン」は面野井の百年銘邸を訪ねる
同じカテゴリー(研究学園の歴史)の記事
 豊里のスリランカ寺院 讃仏陀楼迦寺をみる (2017-09-07 16:57)
 研究学園郷土史サロンは小田城址と華の幹へ (2017-07-05 13:46)
 研究学園 郷土史サロンは旧桜村金田地区を巡る (2016-12-07 20:26)
 研究学園 郷土史サロンは旧桜村妻木を巡る (2016-10-31 22:05)
 研究学園「郷土史サロン」は天狗党の志士の墓に参る (2016-10-07 18:22)
 研究学園の「郷土史サロン」は面野井の百年銘邸を訪ねる (2016-10-05 15:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。