2017年06月11日

北大路廬山人の春風萬里荘へ

笠間は陶芸の街であり、陶芸家や画家の住居やアトリエも点在する。

全国的に名の知られた日動美術館も見ることができます。

その日動美術館が作った芸術の村のほぼ中央に、料理家でありながら優れた陶芸家として知られる北大路魯山人がかつて住んでいた家、「春風萬里荘」が鎌倉から移築されこの地で見ることができます。

研究学園から笠間市の芸術の村まで、高速を使えば1時間以内で行くことができます。(芸術の村の近くには、芸術の森があり陶芸家の工房や体験工房や展示コーナー、土産屋などの施設がある)

築年数の古い萱葺き屋根の家で、江戸時代中期に神奈川県厚木の豪農が建てたものを、廬山人が昭和の初めに北鎌倉に移築したものだそうです。

昭和40年に、日動画廊がこちらの地に移築し「春風萬里荘」と名付け、いまは日動美術館笠間分館として一般に公開しています。

緑に囲まれた大きな敷地に、回遊式の庭園があり主屋のほか長屋門や、廬山人が自ら設計したといわれる茶室「夢境庵」があります。

庭園は、建物に囲まれたように京都竜安寺を模した石庭が設けれrています。主屋の縁側や和室から見られ石庭は大変すばらしいものです。

平日の昼下がり、訪問客は我々だけの静かなひと時。縁側に腰を下ろし、石庭をゆっくり眺めてることができました。


竜安寺を模した石庭 竜安寺の半分くらいの広さか?



石に苔生した配置はどのような意味だったのでしょうか



春風萬里荘の主屋前景



入り口のアプローチ 入り口に豪華さは全くありません



室内の一部



ギャラリーショップも設けてあり、魯山人のレプリカも販売していました。





Posted by 12クラス書記 at 12:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。