2017年06月26日

研究学園の住宅地 坪53万9千円で売りにでる

研究学園4丁目14街区の宅地が売りに出されました。

宅地の売却は数多くありますが、坪当たり単価が53万9千円となります。 研究学園の住宅地が、坪50万に突入する時代になったのかとの思いで取り上げてみました。 

研究学園駅から徒歩13分、閑静な住宅街の一画で南西の角地です。土地の広さは、周辺住宅地と比べ一まわり大きく86坪ほどあります。

近くには、いしだたみ公園があり、日本の住宅メーカートップ企業の積水ハウスと大和ハウスが開発した新都の街に隣接しています。

新都の街は、外回りの垣根が刈り込まれ、植栽がよく手入れされている雰囲気の良い住宅地ですが、こちらの街区も宅地が大きい分豪華な建物が多く見られ一段上の住宅地となっています。

宅地の価格は4,650万円となり、周辺の建売住宅(大和ハウスやグランディハウス)とほぼ同額となります。この単価は、ほぼ倍の価格となるのではないでしょうか。

不動産仲介として売りに出されたので、仲介を担当する桂不動産の営業力に期待するところです。

桂不動産株式会社は、研究学園7丁目に本社をもち、つくば市を中心に茨城県南で13店舗を展開している中堅の不動産会社です。

最近は、学園の森地区で活発なテナント誘致などの事業展開をしております。

駅まで10分余で歩ける距離、東京通勤も十分可能・・・・立川、八王子や町田、相模原、藤沢、鎌倉と比べても東京への通勤時間は引けをとらないのが研究学園です。

売りになった宅地



宅地の全体図  桂不動産のHPより引用



西側道路からは市役所が見えます 市役所の市長室の真正面に当たります



いしだたみ公園


なお、当不動産物件のブログ掲載には桂不動産から了承をいただいています。











Posted by 12クラス書記 at 15:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。