2017年07月03日

紫陽花楽園にしたい学園の森調整池

本日、研究学園グリーンネックレス・グリーンの会のブログに【朗報!】雑草が刈り取られ調整池アジサイがとってもきれいです!と出ていました。

こちらのブログの紫陽花の写真は、よく撮れていて大変綺麗です。

実は、7月29日までは雑草が生い茂る見る影もない紫陽花でした。 この調整池は宅地開発に伴い出現した、激降雨水の調整池です。

したがって普段使うことはめったにありません。 密集した住宅地の中の広大な調整地は、そこに存在するだけでも景色に潤いを与えます。

しかしながら、手入れは年2回程度で、決して手入れが良いとは言われません。所有はつくば市のもので、管理はつくば市上下水道部下水道管理課が行っています。一般の公園のように毎月手入れがされるとはいかず、予算もつかず手が回らないのも実態だと思います。

7月30日に下水道管理課の委託を受けた造園業者が草刈り作業をいたしました。

調整池の周りには、80本の桜とその間に多数の紫陽花が植えられています。

桜は千本桜実行委員会が中心となり、周辺の住民と一緒に平成11年に植えられました。紫陽花はその翌年に植えています。 吾輩も何本か植えましたので、愛着があるので散歩がてらに、時々は草を刈ってあげています。

調整池の南側は、道路に沿って業務用地となっているため、建物が建てば賑やかになると思われます。この調整池を桜と紫陽花の園にできたらいいなと思います。

学園の森調整池全体



開発が進む調整池の周囲



咲き乱れる紫陽花 








6月30日午後 草刈り作業の真っ最中です













Posted by 12クラス書記 at 18:16│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。