2017年10月16日

つくば温泉 喜楽里別邸の建物工事が始まる

西大橋のカスミ本部隣地に新設される温浴施設は、来年春にオープンの模様です。いよいよ建物本体の工事にも着手し、いまは地下室工事の真っ最中です。

関東で17か所の湯楽の里、3か所で喜楽里別邸の温浴施設を展開している株式会社スパサンフジは、研究学園地区で「つくば温泉 喜楽里別邸」を開設します。喜楽里別邸として、同社の湯楽の里よりグレードの高いブランンドの温浴施設となるようです。

小雨が降り真冬並みの寒さの中、西大橋の現地を覗いてきました。

敷地約9200㎡(約’2800坪)、一部鉄筋コークリート造で木造の平屋建ての建物は延べ面積約2600㎡(約800坪)です。


工事現場の守衛の方に許可をいただき、工事現場の中の写真を撮ってきました。 敷地では基礎工事が始まっています。





一部の鉄筋コンクリート造の地下室は深く掘られ鉄筋の配筋がされています。 





温泉井戸の掘削工事の櫓はフル稼働中です。温泉の湯脈は地下2000mまで掘らなければならず、かなり時間はかかるようです。到達まであと、500~600mを掘らなければならないと言っていました。





少し寂し気なJARIとの間の一方通行の道路 県道135号線の標識があります










Posted by 12クラス書記 at 13:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。