2017年11月26日

つくばマラソン研究学園を走り抜ける

今日はつくばマラソンの開催日。快晴で無風は絶好のマラソン日和です。




今年で37回を迎えるつくばマラソンは、全国から参加者が集まり今年は1万8175人となりました。

研究学園のコースは、新都市中央通りの面野井台交差点から入り研究学園西交差点をUターンして戻る、往復約1500メートルの距離です。

このUターン場所の研究学園西交差点は、メルセデスやホンダのショールームそして日用品のカワチがあるところで、12月1日にはコナズ珈琲が開業する商業地で、スタートから28キロメートルの地点となります。    

11時30分ごろ、一寸覗いてみました(つくばマラソンを見るのは昨年に続き2回目です)。まさに、ものすごい数のランナーの集団が次々とターンして行きます。この距離付近から疲れが出てくる頃と言われていますが、あと14キロなんとか頑張らなくてはなりません。
みんな頑張れ~。

スタートから28キロのUターン地点







間もなくUターン




12時少し前には、ランナーは大集団の塊となって走っています ピークなのでしょうか




東京ガスの前




今年も地元企業の「関彰商事」は、約100名の社員を動員しランナーの支援に一生懸命です。関彰商事のグループ会社ベンツとホンダのショールームを補給基地にして、飲み水とスポーツドリンク、それにバナナ、あんパン、みかんなどを配っています。







間もなく大きな塊の集団が通過するので準備もたいへん




「パパはまだ見えないね~」 お父さんが走っているのかな 『パパがんばれ』の目立ち看板を持って家族みんなが応援です。 ランナーにとって何よりも力をくれることとなるでしょう。




ベンツの前の応援の人々




筋肉や関節の外傷の応急手当ができるサポートテントです。 整体士の皆さんのボランティアでしょうか?




我孫子走行会のメンバーの旗も見えます きっと集団で参加しているのでしょう。 全国各地の名前の入ったシャツが見られました、




今日の一句  がんばれの四文字もらい走り切る



Posted by 12クラス書記 at 15:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。