2017年12月01日

研究学園の新名所「コナズ珈琲」本日オープン




研究学園西交差点脇に「コナズ珈琲つくば店」が12月1日10時にオープンしました。

当日の午後3時ごろ、遅めの昼食を兼ねて店を訪ねてみました。

ハワイの休日をイメージしたとてもアットホームな店として、株式会社トリドールホールディングの展開するカフェ店でつくば店が9店目となります。同社のカフェとして、初めての新築の店だそうです。

”ハワイに来たようなお店・・・”と謳っていることもあって、建物は木造の平屋建て、周りを南国の常緑樹木を植えこみ、入り口アプローチには本物の火が赤々と燃えています。
かなりおしゃれなお店で、これがハワイの店かと店に入る前から楽しい気持ちになってしまいます

3時過ぎでも店用の駐車場は満杯でした。お店は全80席が用意されていますが、オープン日ともあって満席です

3組の客が順番待ちでしたが、約10分ほどで席に案内されました。

オーダーした後の待っている間に、写真を撮ることにしました(店内撮影は許可済みです)

お店は雰囲気の良いコの字型の間取りで、まるでハワイです。ハワイに行ったことが無い者でもハワイを感じることができました。

この店のハワイの雰囲気は、研究学園地区の若いファミリー層やママたちの女子会などにお気に入りのお店になること間違いないでしょう。

つくば中央地区はイオンが撤退することになり、ますます空洞化に拍車がかかるものと懸念されます。逆に研究学園地区には、このような楽しくてワクワクする店がどんどん進出しています。 ここ「コナズ珈琲」は、きっと研究学園地区の新しい名所になるものと思われます。


入り口から




本物の火がゆらゆらと燃えている。



まずは、笑顔がかっこいい店長の伊藤さんです。スタッフ40名を束ねてこの店の指揮官です。「研究学園地区は、飲食店が多く舌の肥えたお客様が大勢いらっしゃいます。そのようなお客様にきっと満足いただける店を目指しています」とのことです。




店内風景  インテリアは木の板を粗削りのままにた木目調の壁と天井にテーブルもフラワーボックスも同じ木目調。
常緑樹木を多数配置し、ハワイ南国の雰囲気を醸し出している。
入り口から右の席







グループ用のテーブルも用意されている




入り口から左の席




窓際は天井の高い吹き抜けとなっている



窓の外には火が燃えているのが見える



こちらは自家焙煎コーナーとコーヒー豆の販売。  コーヒー豆の種類は今のところ12種類をそろえている








メニュー表  食事をされるお客には飲み物は100円引きになる




コナズハンバーガー 1280円を食べてみることにした  スタンダードなタイプのハンバーガーとの説明。



このようなスポットインテリアも見ていて楽しい。



案内図




取材協力  コナズ珈琲つくば店    
        つくば市研究学園3丁目1-3   
        TeL 029-859-8505




Posted by 12クラス書記 at 19:03│Comments(1)
この記事へのコメント
こげなかっこえー店が、きてくれて、ありがたや。
Posted by たすぃかに at 2017年12月03日 20:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。