2018年01月15日

学園の森に日本郵政のデータセンターが着工

研究学園地区を縦に貫く境松西平塚通り(線)の学園の森3丁目7番4他に、日本郵政の事務所専用ビルが計画されていましたが、先週から建設に向けて本格的に現地が動き出しました。

関係者からの話では、今週の19日(金)に地鎮祭を行う予定だそうです。

建物は日本郵政グループのデータセンターとなり、3階建てのプレキャストプレストレスとコンクリ―ト造で、建築面積は3430㎡(1000坪強)で、延べ面積が9110㎡(約2760坪)となります。低層ではあるが床面積の広く、かつ頑丈な建物となるとみられます。

建物を請け負う建設業者は、スーパーゼネコンの竹中工務店です。  2019年8月までの完成予定とお知らせ看板に記されています。 

こちらの用地は日本郵政が2年前の27年12月27日に茨城県から競争入札で取得しています。全体面積は55600㎡もあり、今回使用するのはその約1/3となります。残りの用地については今のところ未定だそうです。


工事用の仮設施設を設けるため重機が動いていました







境松西平塚通り(線)には、学園の森中央交差点の東南の角地の空地も計画(建築設計)に着手されているので、夏ごろまでには着工がされるものと見られます。





仮称つくば警察署の庁舎も昨年暮れから工事が始まりました。



学園の森交差点からみるつくば警察署の工事現場。 手前に2区画の空地があるが、いずれもト県内のヨタ系自動車販売会社が購入しているので、今後の動向が注目されます。



境松西平塚通り(線)は、昨年のVW、BMW、トヨタに引き続き今年も工事用仮囲いに囲まれた通りとなるようです。




同じカテゴリー(開発状況)の記事画像
学園の森に「つくば市低炭素街区」第1号が誕生
筑波大学のアリーナ、商業施設、学生宿舎は産学共同で
つくば駅(中央地区)周辺の再開発点描
研究学園2・3丁目に3つの商業施設が予定される
つくば温泉 喜楽里別邸の建物工事が始まる
研究学園地区に郵政グループのオフィス拠点ができる
同じカテゴリー(開発状況)の記事
 学園の森に「つくば市低炭素街区」第1号が誕生 (2018-02-12 23:37)
 筑波大学のアリーナ、商業施設、学生宿舎は産学共同で (2018-01-18 20:30)
 つくば駅(中央地区)周辺の再開発点描 (2017-12-30 18:59)
 研究学園2・3丁目に3つの商業施設が予定される (2017-12-20 17:49)
 つくば温泉 喜楽里別邸の建物工事が始まる (2017-10-16 13:55)
 研究学園地区に郵政グループのオフィス拠点ができる (2017-10-12 15:19)

この記事へのコメント
学園の森中央交差点の東南の角地は何が来るのでしょうか?しばらく貸し地の看板がありますが。
Posted by 学園 at 2018年01月17日 12:43
角の所はゲームセンターが出来るようです
Posted by あ at 2018年01月21日 10:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。