2018年02月12日

学園の森に「つくば市低炭素街区」第1号が誕生

学園の森1丁目で住宅の建設中のココチプレイス学園の森が、つくば市の掲げる「つくば市低炭素街区」 第1号に昨年の12月に認定されたというので,,ココチプレイス学園の森を見てきました。

ココチプレイス学園の森のうちモデル街区10棟を「つくば市低炭素街区」として、省エネとして低炭素な住宅として建設し、EVカー用の充電施設を設けています。

街区としてはつくば環境スタイルへの協力参画、エネルギーの効率的な利用、地上部の緑化や風の通り道への配慮、そしてタウンマネージメントへの運営・仕組み作りなどのようです。

ココチプレイス学園の森は、このように環境に配慮した次世代の住宅街区として誕生することになります。

住宅メーカー10社の共同事業で100区画の宅地は造成が完了しています。各社とも建売住宅と建築条件住宅として、それぞれに販売中です。

センスの良い住宅を見つけたので写真を撮ってきました
右がスウェーデンハウスの建売分譲住宅で、敷地約58坪、建物約35坪 総額5980万円の高級住宅とききました。 左は三井ホームの分譲住宅。




既に完成している住宅   




こちらの街区の宅地の価格は、南側道路の宅地で坪当たり約36万円台と見られます。(積水ハウスHPより) 




ココチプレイス学園の森街区の入り口に大きな看板




学園の森の調整池をはさみ南側は、ブリージアつくば研究学園の分譲地で69区画の宅地造成が完成しています。
セキスイハイム他4社でそれぞれに販売中です。こちらもおおきな看板が目立ちます。




数棟の建物が工事中です。  こちらの南側に道路がある場合の標準的な宅地の単価は31万5千円となっています。(セキスイハイムのHPより)



いずれも今春には入居が始まり、瞬く間に新しい素敵なニュータウンが誕生するものと見られます。



Posted by 12クラス書記 at 23:37│Comments(1)
この記事へのコメント
炭素と酸素では大違いですね・・・
Posted by 古城 温古城 温 at 2018年02月13日 00:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。