2018年05月21日

画家で「寅さん」学の第一人者の吉川孝昭さんの展示会

先日、小野崎地区を散策の際に少し変わった建物に気が付き覗いてみました。

つくばの陶芸家 海老沼彩花さんがオーナーのギャラリー・サイカです。

こちらのギャラリーは、絵画、彫刻、工芸、書道、陶器、活花、ガラス、手織り、キルト、イラスト、ジュエリー、ミニコンサートなど作家活動中の方に展示会場、発表の場として貸出しているのです。















5月18日から29日まで「絵・籠・染・織展」として、画家の吉川孝昭さんが選んだ 洋服や織物やバッグや小物など、そしてとご本人の絵が展示されています。

吉川さんは、しばらくバリ島に居を移し制作活動をしていた経緯もあり、そのような展示品も数多く見られます。

じつは吉川さんは、映画「男はつらいよ」についての博学の第一人者なそうです。いわゆる寅さん学ですね。 時々メディア等にも顔を出し、その世界では有名人だそうです。

店内の様子




展示品の絵   男はつらいよの絵ですね




画家の吉川孝昭さん




展示品の内容





オーナーの海老沼彩花さん  陶芸作家として著名な方で  研究学園駅前ロータリーの「茨城ゴールデンズ 欽ちゃん球団の陶板手形の
制作者でもありました。

東京とニューヨークの交流を目的とした「東京・ニューヨーク姉妹都市陶芸コンテスト」を毎年行っており、その日本側の代表者でもあります。日米の陶芸の発展に力を注いでいる方です。

素敵な方なので、今回とくに写真をお願いいたしました。







今日の12×575 薔薇や檸檬 林檎 葡萄  の漢字はなかなか書けません


写真はネットから   フランス・プロバンス地方


同じカテゴリー(つくばの話題を見つけた)の記事画像
「住みやすさランキング」全国第7位のつくば
つくばの絵入りナンバープレートが全国に
研究学園7丁目の南に”半分、黄いろ”が発生中
リレー・フォー・ライフのルミナリエバッグが素晴らしい(研究学園駅前公園)
小野崎地区は隠れたおしゃれゾーン
NTV「ぶらり途中下車の旅」はつくば・研究学園に下車
同じカテゴリー(つくばの話題を見つけた)の記事
 「住みやすさランキング」全国第7位のつくば (2018-06-23 09:42)
 つくばの絵入りナンバープレートが全国に (2018-05-26 19:42)
 研究学園7丁目の南に”半分、黄いろ”が発生中 (2018-05-22 21:02)
 リレー・フォー・ライフのルミナリエバッグが素晴らしい(研究学園駅前公園) (2018-05-19 22:14)
 小野崎地区は隠れたおしゃれゾーン (2018-05-17 21:54)
 NTV「ぶらり途中下車の旅」はつくば・研究学園に下車 (2018-05-12 15:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。