2018年06月23日

「住みやすさランキング」全国第7位のつくば

東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」2018年が20日に発表されました。

このうち上位50都市が東洋経済新報社のHPで紹介されています。

「つくば」は、全国第7位にランキングされました。 昨年は12位だったことから5つランクを伸ばしたことになります。

茨城県では守谷が堂々の4位で、昨年10位から上位に躍り出ました。 TX沿線では流山が14位にランク(昨年55位)されています。

このランキングでのつくばは、あの芦屋(14位・流山と同位)や武蔵野(13位)、鎌倉(21位)よりも上の都市ということになります。


「住みよさランキング」は、公的統計を基に、それぞれの市区が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、ランク付けしたもの。ランキングの算出には16の統計指標を用いている。指標ごとに、平均値を50とする偏差値を算出、それらの平均値から5カテゴリーの部門評価および総合評価を算出している。(東洋経済新報社のHPより)

(各都市のランキングの詳細については、『都市データパック2018年版』を参照)。

ランキング表  東洋経済新報社のHPより   25位まで





鉛筆今日の12×575 我が家の 門から社のデスクまで往復4時間かけています


写真はネットから  カナダ・ブリテッシュコロンビア州Mtロブソン







同じカテゴリー(つくばの話題を見つけた)の記事画像
つくば植物園で世界最大の花 ショクダイオオコンニャクを見た
つくばの絵入りナンバープレートが全国に
研究学園7丁目の南に”半分、黄いろ”が発生中
画家で「寅さん」学の第一人者の吉川孝昭さんの展示会
リレー・フォー・ライフのルミナリエバッグが素晴らしい(研究学園駅前公園)
小野崎地区は隠れたおしゃれゾーン
同じカテゴリー(つくばの話題を見つけた)の記事
 つくば植物園で世界最大の花 ショクダイオオコンニャクを見た (2018-06-28 20:52)
 つくばの絵入りナンバープレートが全国に (2018-05-26 19:42)
 研究学園7丁目の南に”半分、黄いろ”が発生中 (2018-05-22 21:02)
 画家で「寅さん」学の第一人者の吉川孝昭さんの展示会 (2018-05-21 23:23)
 リレー・フォー・ライフのルミナリエバッグが素晴らしい(研究学園駅前公園) (2018-05-19 22:14)
 小野崎地区は隠れたおしゃれゾーン (2018-05-17 21:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。