2018年06月25日

学園の森2丁目にパンの超人気店「乃が美」が7月オープン

6月の初めに超人気店のパン屋乃が美が出店するのが判りました。

その店は研究学園駅から徒歩5分という場所にできるという噂が流れていました。リクルート情報の車で5分の間違いがそのまま流れていたようです。

さて、乃が美の開店は7月上旬になりそうですが、具体的な日にちはまだ決まっていません。ただいま店づくり中で、店舗のファサードも大きく変わるようです。

 乃が美は茨城県には初めての出店で、県内の方々の場所を検討したそうですが、駐車場やパン製造設備の設置などと市場性を考慮し、最終的に学園の森のこの場所に決めたようです。美人の店長さんが、7月の上旬の開店を目指しまさに奮闘中でした。

開業を楽しみにしたいと思います。

経済誌の東洋経済が今年の1月に乃が美の特集記事を掲載しているので、その記事の一部を引用しました。

「800円超乃が美の食パンが爆売れするわけ」

 高級食パンブームの先駆けと言われる、食パン専門店の「乃が美」が勢いを拡大している。2013年に大阪府の総本店をオープン以来、行列ができる店と評判を呼んだ同店。次第にパンマニアや食のプロが選ぶ逸品としてメディアでも紹介されるようになり、2016年には「パン・オブ・ザ・イヤー 食パン部門」(パンスタ主催)で金賞を受賞した。

順調に店舗を増やし、現在までに90店舗。近々46道府県への出店を達成する見通しで、2018年はいよいよ全国で最後となる、東京への進出を予定している。

百貨店の催事出店も早いときは5分で完売。近頃は百貨店に数を回せなくなってきているほどで、全店舗が毎日完売状態だという。噂を聞きつけ同店をネットで調べる人が増えているのか、最近では「Yahoo!検索大賞2017」の食品部門賞も受賞した。まさに破竹の勢いだが、なぜこれほどまで人気になったのだろうか。

耳までやわらかいくちどけのよさ

同店の食パンは、2斤864円(税込)、1斤432円(税込)と、庶民にとっては若干お高い。にもかかわらず、指名買いが多いという。

特にお年寄りのリピーターは多く、「これじゃないとおとなしく朝ごはんを食べてくれない」子どもや、「これしか食べない」贅沢なワンちゃんもいるそう。中にはルーティンとして食べている超有名スポーツ選手もいるという。

幅広い層に愛されるワケは、まず、「耳までやわらかい」という特徴にあるのだろう。中にはこの耳を食べたくて買う人もいるとか。だから、トーストもいいが、まずは焼かずに食べるのがオススメだ。

単にふわふわなだけではない。自ら掲げる「高級『生』食パン」の「生」が、「生チョコなどの『生』と同じイメージで、くちどけのよさを表現している」(同店の阪上雄司代表)ように、しっとり感と絶妙な弾力が楽しめるのだ。お茶がなくても喉にひっかかりにくいなめらかさ。特にお年寄りはこの食べやすさが嬉しいのではないだろうか。


看板から




お店の外観  ファサードの装飾はこれからだそうです





乃が美の案内図






今日の12×575     カツサンドがいいのだが


写真はネットから  カナダ・バンクーバ^―/スタンレーパークのトーテムポール



同じカテゴリー(新しい店を見せてください)の記事画像
「乃が美」ファン待望のつくば店が6日にオープン
研究学園駅前に餃子居酒屋「ふう風」本日6時オープン
「つくば温泉喜楽里別邸」プレオープン
学園の森に「麺匠 伊助」が20日にオープン
学園の森に「東京メガネ」本日オープンです
同じカテゴリー(新しい店を見せてください)の記事
 「乃が美」ファン待望のつくば店が6日にオープン (2018-07-04 16:35)
 研究学園駅前に餃子居酒屋「ふう風」本日6時オープン (2018-07-02 20:33)
 「つくば温泉喜楽里別邸」プレオープン (2018-04-23 16:56)
 学園の森に「麺匠 伊助」が20日にオープン (2018-04-19 20:15)
 学園の森に「東京メガネ」本日オープンです (2018-04-18 19:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。