2018年07月12日

あの『ZOZOTOWN』の大型拠点が東光台にできる

あの『ZOZOTOWN』が東光台に、最大級の国内流通拠点を設けることが判りました。

日本最大級のファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイは、東光台に建設中のプロロジスパークつくば に入居することが、既に(4月)発表されています。

『ZOZOTOWN』の社長と言えば前澤友作氏で、女優の剛力彩芽との噂を週刊誌などで賑わしていますが、それはさておき10年ぐらいの間に時価総額1兆円の会社に成長させた若手のカリスマ経営者としても有名です。

研究学園の新都市中央通りを西側に見ると大きな建物が出現します。それが昨年8月に着工した「プロロジスパークつくばの2棟からなる専用物流施設(2棟で総延床面積は約14万m2)です。流通施設のグローバル企業の日本法人プロロジスの賃貸施設です。

1棟目の建物は間もなく完成するものと思われ、2棟目は来年の秋の完成を目指し、ただいま基礎工事中です。

この施設を丸ごと借り上げたのがスタートトゥデイで、公開されている資料によると稼働当初は1600人の規模の就業する計画とし、敷地内には従業員の車通勤を想定し、両棟合わせて約460台の駐車場を整備するとしています。

スタートトゥデイは、出荷作業だけでなく、受注からコールセンター、決済など、手間のかかるバックヤード業務をこなし客の手元に届くまで全体のことを行うフルフィルメント業務全般を行うため拠点にするとして、この10月から業務をスタートさせる模様です

スマホの普及によってますます拡大するEC市場は、科学の街つくばの今の時代にマッチした事業拠点として素晴らしいことと思います。





建設中のプロロジスパークつくばの1棟目  東側から



北側から手前は2棟目の基礎工事中




こちらの敷地は桜の名所でも有名だったが、その桜はしっかり養生されていた




完成予定の図    


完成図はネットから



大和ハウス工業も研究学園近辺でおなじような流通施設の計画を打ち出しています。



今回は大きな箱ものでした。次回は小さな箱ものをアップします。


同じカテゴリー(研究学園に何ができるのかな?)の記事画像
大規模小売店舗「(仮称)サンキ研究学園店」新設に係る地元説明会に
つくば市役所 分庁舎の建設が始まる
研究学園2丁目の空き地の計画スタート
ゾゾタウンの流通センターの様子
市の分庁舎の建設は民間活用事業
研究学園に大型開発が 2件計画された
同じカテゴリー(研究学園に何ができるのかな?)の記事
 大規模小売店舗「(仮称)サンキ研究学園店」新設に係る地元説明会に (2018-09-16 12:44)
 つくば市役所 分庁舎の建設が始まる (2018-08-27 16:40)
 研究学園2丁目の空き地の計画スタート (2018-08-22 20:00)
 ゾゾタウンの流通センターの様子 (2018-08-21 13:10)
 市の分庁舎の建設は民間活用事業 (2018-08-09 16:51)
 研究学園に大型開発が 2件計画された (2018-08-03 14:31)

この記事へのコメント
ZOZO、今秋完成ではないですか?
すでに10月スタートの求人がたくさん出てます。
Posted by 通りすがり at 2018年07月12日 17:02
1600人の就業に対して約460台の駐車場では、少な過ぎやしませんか?
Posted by @ at 2018年07月13日 23:00
10月1日より順次勤務になってます。
10月オープンと。

駐車数は社員に比べ少ないのはZOZOTOWN系は送迎バスを出すからです。
Posted by 通りがかりさん at 2018年08月06日 13:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。