2018年07月21日

いざ鎌倉へ 一条恵観山荘を観る

鎌倉市街の東側に、「一条恵観山荘」という国指定の重要文化財があります。公開されて日が浅いので、一般にはなじみの薄い旧跡です。

所在を知ったのは6月の初めでした。月に4日程度の公開で見学には予約が必要なため、予約をしたうえで7月の初めに見学をしてまいりました。

一条恵観山荘は、370年ほど前の京都の桂離宮や修学院離宮が建てられた時代に京都西賀茂に造られました。 その時代に華を開いた、宮廷の雅な建物が鎌倉で見られるということが何よりです。

一条恵観は江戸時代前期、後陽成天皇の第九皇子で、一条家の養子となり関白・摂政を2度務めた公家。

同時期の建物としては、桂離宮は恵観の叔父の八条宮智仁親王の造営、修学院離宮は恵観の兄の後水尾天皇による造営であり、いずれも江戸初期の朝廷文化を伝える施設で恵観山荘もその流れといえます。
 
その後、山荘は醍醐家に受け継がれていたが、昭和34年に鎌倉に移築されました。昭和62年に現在地に移転されたといいます。


その門の様子 玄関から





受付を通って中庭




山荘がこちら




 
山荘から庭園を見る   庭園が一面に苔が生え赤松林と調和します 雨上りが特に美しいと言われます






山荘に付随するお茶席時雨の障子窓





東屋から見る景色




庭園の路地




初夏の鎌倉の緑が大変素晴らしい、きっと紅葉の季節は更に素晴らしい庭園となるに違いない。11月末~12月初めに再訪問することにしました。説明してくれた方の声が独特なもので、あとで聞いたら能楽師の方でした。

終了



同じカテゴリー(古いものが見たくて)の記事画像
いざ鎌倉へ 「古我邸」に行く
ああ松島や松島や 瑞巌寺本堂の修理落慶
藤原文化の中尊寺と毛越寺に
伊達政宗公が眠る瑞鳳殿を参拝
研究学園「郷土史サロン」は北条の歴史文化を訪ねる
乃木将軍の邸を見に行く
同じカテゴリー(古いものが見たくて)の記事
 いざ鎌倉へ 「古我邸」に行く (2018-07-16 17:02)
 ああ松島や松島や 瑞巌寺本堂の修理落慶 (2018-07-11 12:39)
 藤原文化の中尊寺と毛越寺に (2018-07-08 12:21)
 伊達政宗公が眠る瑞鳳殿を参拝 (2018-07-05 21:38)
 研究学園「郷土史サロン」は北条の歴史文化を訪ねる (2018-05-29 16:56)
 乃木将軍の邸を見に行く (2018-05-27 19:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。