2018年05月23日

研究学園3丁目の商業施設建設予定地の計画が始まる

葛城東光台通り(線)の東光台東交差点を西に進んだ、研究学園3丁目の、「商業施設建設予定地」と書かれた事業用地に、地盤調査工事が行われています。

調査が行われているのは、二つの商業施設建設予定地の西側敷地(推測7000㎡)で、今のところ、どのような施設ができるのかわかりません。

地盤調査をするということは建築設計に着手していることを裏付けるもので、施設の計画はスタートしたものと思われます。敷地の広さから見て大きな建物になるものと見られます。

これから建築計画のお知らせ看板がたち、着工は夏の終わりごろでしょうか? 当ブログは引き続きフォローしてまいります。

地盤調査の敷地を見る
カメラ




地盤調査中




この通りをふくめ調整池には、千本桜の桜が60本  同じく千本桜実行委員会が植えた紫陽花が200株超が植えられています。 紫陽花は次回当ブログで紹介します。




計画地の前から北側を見る   調整池が真正面です  名の無い池では寂しいです ここだけの話・・・ごろ良く「12池」ではいかがかな?




案内地図






鉛筆今日の12×575    今回もサラリーマン川柳2018のベストテンの内から第4位  さごじょう 30代 男性の句


写真はネットから  フランス・コルド・シュル・シエル(天空の村) 5月26日 テレ朝 「旅サラダ」 南仏プロヴァンス 最も美しい村天空の城コルドとして旅レポーターから現地を訪ねた、  


Posted by 12クラス書記 at 18:14Comments(0)研究学園に何ができるのかな?

2018年05月22日

研究学園7丁目の南に”半分、黄いろ”が発生中

研究学園7丁目のビッグボーイの南側は、研究学園7丁目に囲まれて、苅間の住所の地区があります。

昔の地名では古屋敷といわれるところ。 ビッグボーイの南側は住宅地にはならず地元の方の所有地で大きな原っぱになっています。

この原っぱを地図上で面積を想定すると凡そ4500坪ほどあり、全面にタンポポのような黄色の花が咲いています。

この花は、外来種の雑草と思われますが直物の画像で花の名を調べてみたがよくわからない。

今、花盛りで地面が真っ黄色です。 壮観です。

カメラ













直ぐ近くのIさんのお宅のバラ園  バラ好きのIさんが自宅の裏の畑で50株くらいのバラを育てています。




鉛筆今日の12×575
5月23日にサラリーマン川柳2018の大賞が決まった   スポーツクラブで体を鍛える矛盾を面白く詠んだ句だそうです。
作者:あたまで健康追求男・60代/男性


写真はネットから   モロッコ・シャウイン




  


Posted by 12クラス書記 at 21:02Comments(2)つくばの話題を見つけた

2018年05月21日

画家で「寅さん」学の第一人者の吉川孝昭さんの展示会

先日、小野崎地区を散策の際に少し変わった建物に気が付き覗いてみました。

つくばの陶芸家 海老沼彩花さんがオーナーのギャラリー・サイカです。

こちらのギャラリーは、絵画、彫刻、工芸、書道、陶器、活花、ガラス、手織り、キルト、イラスト、ジュエリー、ミニコンサートなど作家活動中の方に展示会場、発表の場として貸出しているのです。















5月18日から29日まで「絵・籠・染・織展」として、画家の吉川孝昭さんが選んだ 洋服や織物やバッグや小物など、そしてとご本人の絵が展示されています。

吉川さんは、しばらくバリ島に居を移し制作活動をしていた経緯もあり、そのような展示品も数多く見られます。

じつは吉川さんは、映画「男はつらいよ」についての博学の第一人者なそうです。いわゆる寅さん学ですね。 時々メディア等にも顔を出し、その世界では有名人だそうです。

店内の様子




展示品の絵   男はつらいよの絵ですね




画家の吉川孝昭さん




展示品の内容





オーナーの海老沼彩花さん  陶芸作家として著名な方で  研究学園駅前ロータリーの「茨城ゴールデンズ 欽ちゃん球団の陶板手形の
制作者でもありました。

東京とニューヨークの交流を目的とした「東京・ニューヨーク姉妹都市陶芸コンテスト」を毎年行っており、その日本側の代表者でもあります。日米の陶芸の発展に力を注いでいる方です。

素敵な方なので、今回とくに写真をお願いいたしました。







今日の12×575 薔薇や檸檬 林檎 葡萄  の漢字はなかなか書けません


写真はネットから   フランス・プロバンス地方
  


Posted by 12クラス書記 at 23:23Comments(0)つくばの話題を見つけた