2018年01月18日

筑波大学のアリーナ、商業施設、学生宿舎は産学共同で

筑波大学は産学共同で、3施設が計画されています。

筑波大学アリーナ

1月16日の新聞(茨城版)に「筑波大アリーナつくば駅北側に」の見出しで、筑波大学がスポーツやコンサートイベントなどが開けるアリーナを建設すると発表したとあります。

昨年6月ごろから取りざたされていましたが、秋に正式に発表され「研究学園の生活」のブログでも公開されていました。

新聞によれば、場所はエキスポセンターおよびつくば中央図書館の東側の、吾妻2丁目筑波大学職員宿舎の敷地3万3千㎡に、7~8千人収容のアリーナの計画です。

施設の建設、管理、運営については、公募により選定された民間事業者が設立する特定目的会社(SPC)が担当するとし、 筑波大学は必要な用地を提供するだけになります。

今年の夏には、アリーナの建物建設とその運営会社を公募するとしています。2020年までには完成を目指すといいます。


建設計画の予定地 吾妻2丁目 職員宿舎




建設計画の予定地





キャンパス内に複合商業施設

昨年の夏には筑波大学キャンパス内にスーパーマーケットなどの複合の商業施設を建設することも発表になっています。

キャンパス内の宿舎に住む学生向けだが、周辺住民にも利用ができ、地域のにぎわい創出に一役買うことも目的にしているといいます。

全国でも大学敷地内でコンビニエンスストアの例はあるが、複合的な商業施設の設置は全国でも珍しいという。


 900~1200㎡の面積の生鮮食品や総菜などを販売するスーパーと、500㎡の面積のカフェや飲食店、物品販売店などの複数の店舗になる模様です。

こちらも建設用地は貸すだけで、公募で選ばれた民間事業者が店舗の建設や運営をする事業方式となり、今年の秋のオープンさせる予定といいます。

建設予定と思われる敷地




直ぐ近くは総合研究棟D 




筑波大学グローバル・ビレッジ・コミュニティステーション

筑波大学のキャンパス内に、留学生と日本人学生のシェアハウス型の学生宿舎「グローバルヴィレッジ」が昨年4月から運用を開始されています。

昨年の4月から310室の運用がはじまり、今年の4月には更に190室が増設されます。交流の場として多彩な機能を備えた「コミュニティステーション」を併設しているのが特徴です。

 当宿舎は、PFI事業(公共施設等の設計、 建設、維持管理及び運営に、民間の資金とノウハウを活用し、公共サービスの提供を 民間主導で行うことで、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図るを採用し、大和ハウスグループが事業の運営を行っています。

コミュニティステーション




宿舎





筑波大学の産学共同は研究開発にとどまらず、施設建設についても民間のノウハウを上手く活用しているのがよくわかります。 日本一広いキャンパスをもつ筑波大学ならではのことかもしれません。

  


Posted by 古城 温 at 20:30Comments(1)開発状況研究学園の話題

2018年01月15日

学園の森に日本郵政のデータセンターが着工

研究学園地区を縦に貫く境松西平塚通り(線)の学園の森3丁目7番4他に、日本郵政の事務所専用ビルが計画されていましたが、先週から建設に向けて本格的に現地が動き出しました。

関係者からの話では、今週の19日(金)に地鎮祭を行う予定だそうです。

建物は日本郵政グループのデータセンターとなり、3階建てのプレキャストプレストレスとコンクリ―ト造で、建築面積は3430㎡(1000坪強)で、延べ面積が9110㎡(約2760坪)となります。低層ではあるが床面積の広く、かつ頑丈な建物となるとみられます。

建物を請け負う建設業者は、スーパーゼネコンの竹中工務店です。  2019年8月までの完成予定とお知らせ看板に記されています。 

こちらの用地は日本郵政が2年前の27年12月27日に茨城県から競争入札で取得しています。全体面積は55600㎡もあり、今回使用するのはその約1/3となります。残りの用地については今のところ未定だそうです。


工事用の仮設施設を設けるため重機が動いていました







境松西平塚通り(線)には、学園の森中央交差点の東南の角地の空地も計画(建築設計)に着手されているので、夏ごろまでには着工がされるものと見られます。





仮称つくば警察署の庁舎も昨年暮れから工事が始まりました。



学園の森交差点からみるつくば警察署の工事現場。 手前に2区画の空地があるが、いずれもト県内のヨタ系自動車販売会社が購入しているので、今後の動向が注目されます。



境松西平塚通り(線)は、昨年のVW、BMW、トヨタに引き続き今年も工事用仮囲いに囲まれた通りとなるようです。


  


Posted by 古城 温 at 12:28Comments(2)開発状況

2018年01月13日

学園の森に音楽カフェができた

学園の森1丁目28番に、音楽カフェ「韻」が、年があけたばかりの1月3日にオープンしました。

場所は、葛城西通り(線)沿いの住宅メーカー棟匠(住宅展示場)の後ろ側で、住宅街の一画です。

オープンのお知らせはなく、ひっそりとオープンした新しいカフェ店です。 珈琲はもちろん、中国茶の銘茶をたくさん取り揃えていて、日替わりで中華系のランチも用意されています。

客席は、テーブル席が22とカウンター席が4となっています。店内は、木目調の落ち着いたインテリアで、壁には現代絵画がさりげなく飾られています。

オーナーは、中国生まれの鄭 厳(テイ ゲン)さんで、東京の大学に留学しそのまま日本に残り大手機械メーカーに勤務したエンジニアでした。

カフェを開くため脱サラし、元声楽家の奥さんと二人でこちらの店を切り盛りするそうです。 音楽カフェと謳いクラシックのCDを数多くそろえ絶えず名曲が店内に流れています。 店内にグランドピアノも置いてあり小さなサロンを思わせるカフェです。

仕事の打ち合わせはもとより、誕生会や女子会などの集会にちょうど良い雰囲気です。 ピアノが置いてあるので、生演奏も楽しめますし、ミニコンサートも開けます。クラシックファンには、お好みの店になるかもしれません。

オーナー夫妻  二人でおもてなしをします




お店のなか   落ち着いたインテリア




ピアノのあるコーナー




お店のなか




中国茶のセット  こちらの器で中国銘茶をどうぞ・・・




コーヒーセット  500円です




外観




取材協力  音楽カフェ 韻

        住所 学園の森1-28-11
        TEL 029-305-0816
        営業時間 10時~20時
 









   


Posted by 古城 温 at 14:18Comments(0)このようなお店です

2018年01月11日

NHKテレビあさイチで「並木中等教育学校」が全国に紹介された

1月10日NHKテレビ「あさイチ」(=朝の情報番組)で茨城県立並木中等教育学校が紹介されました。

番組の内容は、子どもの授業が激変!2018教育改革最前線のタイトルで、いま、学校の授業が大きく変わろうとしていることを紹介した番組です。

その中で並木中等教育学校では、すでに全面的に取り組んでいる様子が取り上げられ紹介されていました。

知らないことはスマホで検索すれば何でも教えてくれる時代に、知識を学ぶだけでなく、「知識をつかう力」を育てようと、いま国を挙げた教育改革が始まろうとしているといいます。

文科省は本格的な導入を2020年からとしていますが、それを見越してすでに全国の学校で「改革」が進行中です。

「先生の話を座って聞く」という親の世代が慣れ親しんだスタイルは過去のものだと言います。番組では、並木中等教育学校の学校現場を取材して、教育改革の最前線として紹介されました。


司会のイノッチと有働アナ 以下写真はNHKテレビより



並木中等教育学校 中島学校長






同校の国語教諭のS先生の授業を紹介していました



なお昨10日にアップした際に、学校名をつくば市立桜並木学園並木中学校としましたが「茨城県立並木中等教育学校」と取り違いましたのでお詫びして訂正します。

  


Posted by 古城 温 at 09:14Comments(3)研究学園の話題

2018年01月09日

旧帝国ホテルを彷彿させるホテルグランド東雲

昨年の夏の終わりに、どうしても見たい建物があり愛知県犬山市の郊外の博物館「明治村」に行ってきました。

そのひとつに「旧帝国ホテル」がありました。 1923年に建築され、1967年に取り壊しとなった旧帝国ホテル本館です。

その正面玄関部分が、明治村に移築されているのです。

建築設計は、アメリカの建築界の巨匠  フランクロイドライト  建築を知らない人でも知っている建築家の名前です。




内部の装飾は、大谷石とタイルと幾何学模様の透かしタイルが素晴らしく、その透かしタイルから漏れる光の具合が妙に室内を美しく見せてくれます。

旧帝国ホテルのロビー     建築に素人なので説明はできませんが、手が込んでいる建物です



旧帝国ホテルのロビー  真正面から



幾何学模様から漏れる明かりが素晴らしい




旧帝国ホテルと同じようなインテリアを、昨年暮れにホテルグランド東雲でみてしまいました。 
同ホテルには何度か伺っているのに、全く気が付かなかったのです。

そこでホテルグランド東雲のインテリアを取り上げてみました

ホテルグランド東雲の1階宴会場のロビー




ホテルグランド東雲のレストランの奥の宴会場ロビーから宴会場は、まさしく旧帝国ホテルのデザインと思うほどでした。
40年前に建てられたというホテルグランド東雲は丁寧に作られ、かなりの費用もかけたものと思われます。つくばに、このような優美な伝統文化を取り入れた贅沢な空間があるとは思いませんでした。




宴会場ロビーの柱  旧帝国ホテルと同じような幾何学模様の透かしタイルから淡い明かりが漏れてきます



旧帝国ホテルと異なるところは石が大谷石ではないということでした



宴会場入り口エレベータ乗り場  



階段室



2階 結婚式宴会場  厳かで重厚な感じがします  最近のホテルにはない贅沢な空間です









  


Posted by 古城 温 at 14:55Comments(0)研究学園の話題